“かたぐるま”をしてもらう日

「ねえぱーぱ。
りおねじゃねーろおりんぴっく(リオデジャネイロオリンピック)でやっていたさ、こうやってだきついてうえにのったりするやつあったでしょ?あれなんていうんだっけ??」

5月のある日のこと。娘がおもむろに、こんなことを聞いてきました。

「ん?レスリングのこと??」

「レスリングか~。●●ちゃん、レスリングやってみたいの・・・。」

普段、家でも保育園でもひたすら絵をかくこととレゴブロックに熱中し、
将来の夢を聞かれると3歳くらいから一貫して、

「シンデレラ!」

と答える娘の意外な申し出。

私は少々驚きましたが、
本人の「やりたい!」という気持ちを尊重し、早速インターネットで教室を探して体験を申し込みました。

そして6月初めの日曜日、娘と向かった先は隣の駅にある某有名大学。
この大学の体育会レスリング部が開催する「ちびっこレスリング」クラブに、まずは体験参加です。

驚いたのは、このクラブの練習の内容と、その運動量の多さ。

全員で礼をした後、ランニングから始まり、ダッシュ・うさぎ跳び・アヒル歩き・アザラシ歩き・前転・後転・側転・倒立・腕立て伏せ・・・といった、体力づくりのメニューが延々1時間、続きます。
その後は2人組になってのタックルやスパーリングなどをやはり1時間。

時折、ゲーム的な要素も交えながら合計2時間、未就学児を含めた子どもたちがビッチリと動き続けます。

指導してくださるのは、元オリンピックメダリストのコーチを始めとした、この大学の体育会レスリング部の指導陣。
ひとりひとりへの暖かい眼差しを前提としながら、厳しく指導をされていました。

もうひとつ驚いたのは、普段は保育園の行き帰りでも未だに「だっこ」をせがみ、当然、生まれてこの方こんなに激しい運動を経験したことのない娘が、顔を真っ赤にしながら真剣な顔でこの練習に食らいついていること。

わが子に対して初めて「頼もしさ」を感じました。

体験終了後、娘に

「どうする?やってみるの?」

と聞くと、

「やる!」

と、きっぱり。

これにより、娘の(父親の教える水泳やゆる体操を除いた)初めての習い事は「レスリング」に決まりました。

ちなみに、30名くらいの会員の中で未就学児は娘を含めて4名くらい。
そして、会員全体の中で娘以外は全て男の子、という環境の中でのスタートです。

ブログ20170720A

帰り際、娘に

「ところでどうしてレスリングをやりたいと思ったの?」

と聞くと、

「(テレビで)“よしださおり”をみてかっこいいとおもったから・・・」

との答え。

娘の口から吉田沙保里選手の名前が出るのは初めてですが、実はここには意外な伏線がありました。

昨年春に行われた、武術協会の宴席でのこと。
スピーチの時に、このブログの記事でも取り上げた、娘の負けず嫌いな性格を示すエピソードを紹介したところ、それを聞いておられた高岡英夫先生が一言

「それは将来の吉田沙保里だ・・・」

と言われました。

この時は、毎回続く私の“親馬鹿スピーチ”を窘めることもなく、娘の特徴的な性格を、わかりやすい例を挙げながらポジティブに評価してくださった高岡先生の暖かいお心遣いに対し、心の中で深く感謝をしましたが、

一方、「お絵かきとレゴブロック」の毎日を送る娘の様子からは「実現の可能性のある話」と捉えるのは難しく、
娘にこの話や「よしださおり」の名前を伝えることもありませんでした。

ただ、今回娘が、親からの“刷り込み”が全くない中、100%自分の意志で

「吉田沙保里選手に憧れてレスリングを習い始めた」

という事実に直面し、私の中で高岡先生の言葉がにわかに現実的な存在感をもって輝き始めました。


「吉田選手みたいに、本当にオリンピックで金メダルをとったらどうしようか・・・?」

親馬鹿パパの妄想は拡がります。

「そうだ!試合会場で肩車でも、してもらおうか・・・」

「これまで散々(そして今でもたまに)肩車をしてあげたんだから、1回くらいお返しをしてもらわなきゃな・・・」

入会後2か月弱の練習で、早くも太もも周りの筋肉がしっかりと成長し始めた娘。

その頃、70歳前後の小柄な老人となっているであろう私のことなどはきっと、
軽く“ひょい”と持ち上げてしまうことでしょう。

ブログ20151124A

新メソッドでの“中級スペシャルデー”

私は長らく、日本ゆる協会公認の「ゆる体操指導員」資格の規約に則って指導活動を続けておりましたが、今年度新たに「ゆるケアサイズ指導員」の資格を得ることとなりました。
こちらの資格を得ることにより、従来の「ゆる体操」に加え、「基礎ゆる」「コンビゆる」「ゆる呼吸法」「ゆる筋トレ」「歩道」など、指導を行える範囲を格段に広げることができました。

今日は神楽坂教室で年に数回行っている「中級スペシャルデー」。

朝9時からお昼休みを挟んで午後2時半まで、「ゆる体操中級」クラスを連続3コマ開催し、参加された各自が“自分史上最高のゆるみ”に挑戦するイベントレッスンの日だったのですが、新資格によって新たに指導範囲に加わった「基礎ゆる」と「コンビゆる」にじっくりと取り組むメニューでレッスンを行いました。

「基礎ゆる」は、ゆる体操の中でも主要な要素となっている「体をゆすってゆるめる」動作に専門特化したメソッド。
多くの初心者の皆さんには難しく感じられるかもしれませんが、ゆる体操にある程度習熟した中級クラスの会員の皆さんには、いつもと違った角度から深くゆるんでいだだけるだろうということで、新資格の獲得後、まず教室で導入を開始しようと楽しみにしていました。

一方「コンビゆる」は、2人、もしくは数人で組になり、お互いにゆるめ合うメソッドです。
短時間で驚くほど深くゆるむことができるとともに、これ一発でスカッと明るい気持ちになってしまうため、私は普段、レッスン指導の際の「奥の手」として使っているのですが、今日は「スペシャルデー」ということでこの「奥の手」も出し惜しみなく(笑)、バンバン駆使してレッスンを進めました。

暑い中、3レッスンで延べ33名の方が参加をされましたが、全体を振り返って思うことは、

「これまでの”中級スペシャルデー”史上、最も“笑い”の多いレッスンになったのでは・・・」

ということ。

心の底から深くゆるむためにも、また、レッスンに集中する中で生じる脳疲労を解消するためにも、「笑い」は欠かせない要素ですが、今日はその「笑いのもつチカラ」を参加された皆さん一同、身をもって実感されたのではないかと思います。

参加される皆さんに、これまでよりももっともっとゆるんで、快適になっていただくために、
この「笑い」路線、ますます強化していきますよ~。

お楽しみに・・・(笑)。

ブログ20170717A

1500人の中の数人

金曜日の午前はいつものように多摩センター。
教室の窓から見える景色は御覧の通り。

ブログ20170714A

生徒さんはこの窓に向かって体操をするので、これだけで元気になりそうです・・・(笑)。

レッスン終了後、Sさんが嬉しそうに私のところへお話をしに来られました。

Sさんはこの教室に11年通ってくださっている大ベテラン。
17年前よりパーキンソン病を患っておられますが、元気に初級と中級のレッスンをそれぞれ隔週ずつ(つまり両方合わせて毎週)受講されています。

Sさんによると、先日主治医の先生から
「Sさんは、僕の診ている患者さんの中で(指を数本出して)これくらいです」
と言われたとのこと。

一瞬、どういうことかと思ってよく伺うと、

この主治医の先生はパーキンソン病の患者さんを1500名担当しておられるそうなのですが、その中で数人に入るくらい、進行を抑え、良い状態を維持できている・・・という意味だそうです。

そして、
「何か、“良いこと”をされているようでしたら、これからも続けてくださいね」
とも言っていただいたそうです。

Sさんはとても熱心な方で、毎週のレッスンの他、毎朝ご自分で決めたゆる体操のメニューに数時間かけて取り組んでおられます。

もちろん、病気の進行を遅らせることができている事実とゆる体操との関係は、厳密な意味では断定できないのですが、

ご本人の意識としては

「私はこれ(ゆる体操)以外何も(「良いこと」として思い当たることは)やっていないので、ゆる体操のお蔭としか思えない・・・」

とのことでした。

教室に通って来られている11年間、ほとんど病気が進行されているご様子が感じられないため、あたかもそれが普通であるかのように捉えてしまいがちですが、
それが「ゆる体操」の持つ力とご本人の並々ならぬ努力によってはじめて成り立つ「奇跡」のようなことなのだということを改めて実感するとともに、

ゆる体操指導員という仕事のやりがいと責任の大きさも再確認する機会となりました。

短冊に書かれた願い事

今日は七夕。

ブログ20170707A

ブログ20170707B


教室近くの和食ダイニング「古よみ」さんの入り口には笹の葉と短冊が用意され、願い事を自由に書くことができるようになっています。

そんな中に、こんなものが混じっていました。

ブログ20170707C2

「ぱぱとたくさんあそべますように」

娘の書いた短冊です。

まだまだ、娘が自分と遊びたがってくれていることに対しての嬉しい気持ちと、
それなのにあまり遊んであげられていないことに対しての申し訳ない気持ち。

後者の方が強い気がします。

5歳の子どものけなげな願い事。
叶えてあげなくちゃな・・・。

準指導員試験に6名受験。その結果は・・・?

先月25日にゆる体操の準指導員資格試験が東京でありました。
日曜日の開催だったこともあり、私の教室からは神楽坂教室・聖蹟桜ヶ丘教室合わせて6名の会員の皆さんが受験をされました。

その合否通知が昨日、6名全員の皆さんの元に届きました。
結果は、準指導員1級3名(うち1名は資格維持)・準指導員2級3名、計6名全員合格でした!

ちなみに、2級合格者3名全員と、資格維持の1名を除く1級合格者2名の皆さんは全員、それぞれの級を今回初めて受験をしての合格。いわゆる「一発合格」です。

もひとつちなみに「資格維持」について。

ゆる体操指導員の資格を取られた方は、その資格を維持するため2年間で最低1回は試験を受ける義務があるのですが、その際、「昇級」を目指して上位の級を受ける方法の他に、「現級維持」を目指して現在の級の試験を受けることが認められています。

今回「資格維持」で受験をされたYさんは実力・意欲とも「昇級」を目指すにふさわしい会員さんですが、今回は日程の都合で「資格維持」での受験となりました。


それにしても全員合格は指導者としてとてもうれしいこと。

特に今回は教室内の受験者同士が自主的に声を掛け合い、レッスン後に対策を話し合ったりといったことも自然発生的に行われていたようで、そうした「チームワーク」が教室内で生まれてきたこともまた、とてもうれしく感じます。

ブログ20170705A
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)
●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)
●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)
●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

★ゆる体操の話し、教室の話し、そして4歳の娘と1歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる