男同士の朝

朝、保育園への行き道にて。
大きく口を開けて雨を飲む息子。

ブログ20180418A

娘が小学生になったことで、保育園への「送り」は木曜以外、私と息子の‟男同士の時間”となりました。

息子が生まれた頃から何となく、息子の世話は妻が見て、私は娘の世話を出来る限り見ることで妻を助ける・・・といった役割分担のようなものが出来ていて、私が息子とじっくり向かい合う時間があまりとれていないジレンマのようなものがありました。

だからこれから約3年間続く‟男同士の30分”を、私はとても楽しみにしています。

私がこれまで「男の子育て」をあまりできなかったせいか、息子は母親や保育園の先生や娘の影響を受けたやさしい性格に育っています。

言葉遣いも保育園の先生風で、家でも人の後ろを通るときは

「ちょっとゴメンね~」

などと声をかけ、
何かの感想を聞かれるとよく

「うん。いいカンジ・・・」

などと答えます。

唯一、男の子らしさを感じるのは、小さい頃から車や電車などとにかく乗り物が大好きなところ。
でも、他の男の子たちが大好きな「戦隊もの」等には一向に興味を示しません。

やさしい性格に育つことはとても素晴らしいことなのですが、それが「弱さ」に繋っているようでは問題だと思い、先月まで同じ保育園に通っていた娘に、息子の保育園での様子を聞くと、

「クラスの男の子の中で一番弱い」
「男の子全員に泣かされて、女の子にも泣かされることがある」

とのこと。

体の大きな息子が自分より小さな周りの男の子や、女の子にまで泣かされているシーンを想像すると少し情けない思いがしましたが、すぐに、モノは考えようだと気を取り直しました。

私は、人間が生きていく上では「強さ」と「やさしさ」の両方を身に着ける必要があると考えています。
そして、そのうち身に着けるのがより難しいのはどちらかと言えば「やさしさ」の方なのではないかと考えています。

それを思えば、この子は生まれながらにしてより難しい「やさしさ」を身に着けているのだから、あとは少しずつでも「強さ」が育つように、じっくりと見守っていけばいい・・・そんな風に考えています。

まずは小学校にあがるまでに、息子がどのような「強さ」を身に着けた男の子に成長できるか?
それまで3年間の、息子との関わりがとても楽しみです。

深夜の置手紙

昨夜のこと。
12時ごろに帰宅をすると、リビングのテーブルにこのようなものが・・・。

ブログ20180307A

おとうさん♥ままありがとう

きょうじゅうにたべてね ぱぱくん 3/6


昨日は保育園で月1回設けられていた「クッキング」の時間の最終回で、作ったクッキーをパパやママににプレゼントしよう!
ということだったんだけど、パパは今日もお仕事で遅くて会えないから置手紙を・・・ということのようです。

保育園で書いた最初の手紙にはかしこまって「おとうさん」と書いているのに、
家で書いた置手紙では「ぱぱくん」になっているところが少し笑えます。

食べてみると、甘さに、微妙なスモーキーテイスト(焼き過ぎ?)が加わった、なかなかおいしいクッキーでした。


忙しさにかまけてこのブログでのご紹介が滞っている間にも娘はどんどん成長し、来週末には卒園式を迎えることに。
この先しばらくは「保育園で最後の・・・」が続きます。

生活発表会

今日は2人の子どもたちが通う保育園の生活発表会。
私の世代的に言えば、”お遊戯会”でした。

息子の出る2歳児クラスの劇はまだセリフもなく、本場用の衣装を着て、観覧に来られた大勢のご家族の前に出ても泣かずにできればOK・・・というレベルですが、娘の出る年長クラスの劇は毎年かなり本格的。

特に娘は今回、セリフも多く、ソロで歌うシーンもある大役ということもあり、自分なりにかなり集中した準備を続けているようでした。
保育園で皆と練習するのはもちろんのこと、家にいるときも、頭の中でイメージトレーニングのようなことを繰り返していたようで、12か所あるというセリフも歌もかなり早い段階に覚え、友達が演じる他の役のセリフもほとんど覚え、声の出し方や動き方など、細かい部分の試行錯誤を繰り返しました。

保育園に行く前の支度がいつも遅く、母親から毎朝欠かさず叱られている娘が、こういう準備はとにかく早い・・・というのが何とも面白いのですが、子どもが「好きなこと」に対したときのエネルギーというのは本当にすごいものです。

そして迎えた本番。
劇は、想像していた以上の完成度でした。
子どもたち全員が一人一人の持ち味を生かし、一生懸命に一つの作品を作ろうとしている気持ちが伝わって来て、その様子を見ているうちに思わず涙腺がゆるんでしまいそうな状況となりました。

娘も立派に大役を果たしました。
可愛らしい衣装を身にまとい、髪は母親から、きれいなおかっぱ頭に整えられているものの、下の前歯が抜けたばかりの「歯抜け状態」なのがまた少し、笑えるのですが・・・。

それはともかく、
「いつの間にやらこんなにも」と思えるような、成長した姿を見せてくれました。


「最近は、先生にあまり怒られなくなった?」

と聞くと、

「うん!」

と元気に答える娘。

「前は30分くらい怒られていたけどね、今は10分くらい怒られるようになったんだよ・・・」

と、嬉しそうに話していました。


そんな娘も、あと3か月半で小学生です。

ブログ20171216A

3歳児の“空耳アワー”

9月に3歳となった息子。

長女の時よりも少しペースは遅いようですか、ここのところメキメキと“おしゃべり力”をあげています。

しゃべり始めの頃の言葉には、子どもそれぞれの特徴があって面白いものです。

娘のしゃべり始めは、「か行」や「た行」がなぜか「ぱ行」に変換されてしまう…というとても個性的なもので、

例えば「ありがとう」は「ありがぽう」
お正月の歌を歌うと「♪お正月にはたぽ上げて、ぽまをまわしてあそびましょ…」

になっていました。

それに対して息子の言葉は、「正統タラちゃん語」とでも言うべきもので、
文末は「…でちゅ。」「…ちまちゅ。」で結ぶのが基本です。

もうひとつの特徴は、
「確かにそう聞こえないこともないんだけど…」という“空耳アワー”的勘違いが多いこと。

一例を挙げると

⚫(公園で電車ごっこをしながら)
「つぎは、かくえきじてんしゃ(各駅停車)…」

⚫(テレビのアナウンスを真似して)
「ごらんのスポーツカー(スポンサー)でおおくりちまちゅ。」

⚫(寝る前にママに)
「うまのおうち(今のうち)にトイレにいってくる・・・」

何を聞いても、大好きな「乗り物」関係の言葉に聞こえてしまう…ということもあるのかも知れません(笑)。


月曜日。
風呂敷マントをヒラヒラさせながらディズニーランドを闊歩する息子。

ブログ20171104A

ハロウィーンでにぎあう中、一人だけ「チャンバラ遊びに興じる昭和の子ども」のコスプレをしているかのようです。


ちなみにディズニーランドは、息子に言わせると「ねずみーらんど」。
これは、座布団三枚くらいいけますかね・・・?

ブログ20171104B

2つの背中のメッセージ

通常の仕事に新事業の準備などが加わり、ここのところすっかり、子どもたちと接する時間が少なくなっていましたが、この連休は久しぶりに、家族と多くの時間を過ごすことができました。

まず8日(日)は、2人の子どもが通う保育園の運動会。

ブログ20171010A

今年も一等賞だったけど、綱引きで悔しい思いをしたお姉ちゃんと
今年は三等賞だったけど、元気よく「ハイホー」を踊った弟。

どちらも一生懸命がんばりました。

ブログ20171010B

早いもので、娘はこれが保育園で最後の運動会。
ということで、2人がこうして揃って保育園の体操着を着て歩く姿も、たぶんこれで見納めです。


そして9日(月)は、娘のランドセルを選びに新宿伊勢丹へ。

本人のお気に入りは、可愛いピンクのこちら

ブログ20171010C

パパのおススメは、お姉さんになっても飽きないであろう、本革製のこちら

ブログ20171010D

今日のところはまだ決めないで、家でゆっくり検討しよう、ということになりました。

2人の子どもたちとの時間はまだまだ続くけど、色々な「区切り」を次々に経過しながら、時は確実に前に進んで行ってるのだよな・・・などということを、2つの小さな背中を見ながら気づかされた2日間でした。
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる