小1から毎日「ゆる体操」・・・という選択

神楽坂悠真塾の構想は、私が勤めていた会社で小学生向け事業に携わっていた20代後半の頃から持っていました。

その構想の実現に向け、いよいよ本当に動き出そう!と思うようになるまでに20年以上かかったわけですが、実は私の中でそのきっかけとなったのは羽生弓弦選手の前回、ソチオリンピックでの優勝でした。

羽生選手は、「ゆる体操」で最も中心的な課題とされている「ゆるむこと」と「センター」が大変高いレベルで身に付いているという意味で、まるでお手本のような選手ですが、その羽生選手が素晴らしい演技で優勝をしたニュースに接し、大きな喜びを感じるとともに、

「指導者として、自分の手でこのような人材を育てあげたい。そのことに挑戦してみたい・・・」

という思いが沸きあがってきたのです。

羽生選手が心身ともに大変な才能に恵まれた選手であるところは誰もが認めるところでしょう。
その「圧倒的な才能」に対して、ゆる体操の理論・メソッドをもって挑戦をしてみたい・・・ということです。

私がそのように考えたのは単に羽生選手の優勝を見て気持ちが高揚したからということではなく、現場での日々の指導を通しての私なりの実感があってのことでした。

当時、私の教室では、1か月定額で何度でもレッスンに通うことができる「フリー受講制度」を実験的にスタートさせていましたが、その受講制度を利用して毎日のように教室に通うある大学生の凄まじい上達ぶりを見て、ゆる体操の持つポテンシャルの高さを再認識していたのです。

子どもが小さい頃から「お稽古事」に通うように、ゆる体操を使った本質力のトレーニングを、まだ心身があまり固まらないタイミングではじめ、理想的なペースと方法でトレーニングを継続したのなら、専門的な分野は何であれ、羽生選手のような人材を育て上げることも可能なのではないか・・・?

と、思ったのです。

時折、レッスンの合間などにそのような私の「構想」を生徒さんにお話をすると

「羨ましいですね。私も子どもの頃からゆる体操を習いたかった・・・」
「小学生からゆる体操を始めていたら、天才が育っちゃうんじゃないですか・・・」

といった声が帰ってきます。

実際にゆる体操に取り組まれた方。特に、ある程度以上の期間に渡ってじっくりと取り組まれ、ご自身の身体を通して変化を経験された方は、自然とそのように思われるようです。

そのような声にも後押しされ、2月14日に神楽坂悠真塾を開校しましたが、入会者は現在のところ、私の娘も含めて3名。
この少なさは正直想定外で、現時点での、小学生市場における「ゆる体操」の認知度の現実に直面することとなりました。

でも、それはそれで良いのです。

毎回楽しみに通ってくれる、3人の可愛い小学生たちがいるのですから、スタートを切れたということには変わりありません。

あとは、毎回のレッスンを充実させ、その様子をお伝えすることで私たちの理念に共感していただける仲間の輪を少しずつ大きくしていければと考えています。

小学生時代からゆる体操に取り組むと、どんなことになるのか・・・?
今後は特に、毎日通っている小1の娘を中心に、悠真塾での様子をこのブログを使ってご紹介していきたいと思います。

色々なことをやらかし話題を提供してくれるため、ブログでの出番がどうしても多くなってしまう娘。
小学生になったら少し露出を抑えようかと思っていたのですが、このような事情によりまた、数多く登場させていただくことになりそうです。

皆さま引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ20180424A

「型」を通して“根本のチカラ”を練る(悠真塾の「空手道」)

私がカルチャースクールで指導する「ゆる体操教室」に10年以上通って下さっているNさんから先日、とても参考になるご自身の子育て体験をお聞かせいただきました。

Nさんにはお二人の息子さんがおられますが、ご長男は小さい頃からまじめで優しい性格だったそうです。

小学校1年生の頃、通っていた学童でいじめに遭っている兆候を感じたNさんは
「このままではいけない」
ということでご長男を空手道場に入門させました。

空手には色々な流派・会派があり、今般オリンピック種目に採用されたスポーツ色の強いものや激しい組手(2人対峙して戦う稽古方法)を行うものなど、競技ルールや練習の方法にも様々なスタイルがあります。

そんな中、Nさんのご長男が入門したのは、“伝統空手”と呼ばれるスタイルの一会派で、競技や試合を一切行わず、ひたすら伝統的な「型」の稽古を繰り返す武道色の強い道場でした。

お子さまに空手を習わせたい・・・という親御さんは近年特に多いようですが、ご自身が経験者である場合はさておき、前述したような空手の「多様性」を理解し、お子さまに合った道場を探すのは大変難しいことと思われます。

Nさんも、空手の流派のこと等は良く分からなかったようですが、ただ、指導をされている先生が人間的にも素晴らしい方だった・・・ということでこの道場に決められたようです。

さてご長男。
空手を始めてから段々、逞しさを身に着けていかれたようですが、その変化の様子をNさんは

「芯がしっかりしてきたというのか、肚が座ってきたというのか、内側に少しずつ、しっかりとした強いものが育っていくのが感じられた・・・」

と言われています。

そして小学6年生になった頃には周りの友達から「クラスで一番強いのはNくん・・・」と評価されるまでになったとのことです。

私が特に面白いと思ったのはここで、

「クラスで一番強くなった」

というのではなく

「クラスで一番強い、と言われるようになった」

というところです。

ご長男は決して、実際に周りの友達に力を行使することによって「一番強く」なったのではなく、空手の「型」の稽古の繰り返しによって、何もしなくても「一番強い」と思われるような強い存在感を身に着けた、ということのようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このエピソードは、私が悠真塾での空手指導を通して実現させたいと考えていることと非常に近いため、ご紹介をさせていただきました。


私自身は武道的な空手とスポーツ的な空手、両方を学んできました。

空手を人の成長に生かす、という観点で考えたとき、武道的な空手とスポーツ的な空手、どちらも良い面があるのですが、小学生の段階での取り組み方としてより適切なのは、武道的な要素に重きを置いた指導であると考えています。

伝統空手の、型を中心とした武道的な稽古体型の中には、「軸」や「肚」など、本校の提唱する“根本のチカラ”のエッセンスを育てるシステムが備わっています。

こうした“根本のチカラ”が本人の「自信」に繋がりますが、この自信は、例えば試合で好成績をあげることによって得られるような相対的な自信とは種類の違う、いわば絶対的な自信です。

絶対的な自信は、心に安定をもたらせます。
自分で実感をもってひとつひとつ、積み上げて得られた自信だからです。

仮に、自分より実力の高い人と出会った場合も、素直に、敬意をもってその人のことを認めることができます。
その人の高い実力の背後にある、「積み重ね」の偉大さを想像することができるからです。

こうした、絶対的な自信を養う時間を十分に持たないで相対的な競争の世界に入った人は、大人になってからも、常に他者との比較における自分の優位性を確認しなければ落ち着かないタイプの人になりやすい、と私は考えています。

人生において、競争に打ち勝つ相対的な強さを身に着けることももちろん大切です。

でも、順番を飛ばしてはいけない、焦ってはいけない・・・と思うのです。

小学校時代に身体を使った努力の積み重ねを通して“根本のチカラ”と‟絶対的な自信”を身に着けること。
それはその子にとって、その後の人生を支えてくれる何物にも代えがたい財産になることと思います。


※神楽坂悠真塾では、「ゆる体操」「空手道」「ゆるスタディ」の3つのプログラムを通して、小学生の子どもたちが、人生を力強く生 き抜く“根本のチカラ”を身に着けることを主眼に置いた指導を行っています。
 本稿でご紹介した「悠真塾の空手道」にご興味をお持ちいただいた方にはぜひ、無料体験レッスンにご参加いただけますと幸い です。

詳しくはこちらをご覧ください。
   ↓
神楽坂悠真塾HP
ブログ20160210A

“正解を求める人”と“真理を求める人”

大学を卒業して12年半、会社員生活を送りました。
振り返ってみると、この時期は仕事はさておき、とにかくよく飲み、語っていた印象が強く残っています。

酒場で人と語り合うということについては、その時楽しい時間を過ごすことに最大の価値があるわけで、そこで語り合った内容がその後の自分の人生に生きるということはほどんどなく、それで良いと思っているのですが中には例外もあり・・・。


会社帰りの飲み会の席で、当時、一緒に仕事をさせていただいていたある先輩が語っていた

「世の中には、“正解を求める人”と“真理を求める人”がいるんだよ」

という言葉を、最近よく思い出します。

例えば企画立案を担当する会社員を例にすると、

“正解を求める人”とは、その時その時のトップの発信内容からその考え方を理解し、また、社内の人たちの認識がどのような状況かを配慮した上で「通りやすい」企画を考えるタイプの人。

一方

“真理を求める人”とは、市場環境やターゲットとなる顧客に対して自分なりの状況把握をした上で、それをどのような状況にすべきかという「思い」や「信念」をベースに企画を考えるタイプの人。

ということになります。

もちろん、実際には100%前者、もしくは後者、ということではなく、それぞれの要素のうち、よりどちらの要素が強いか、ということではあるのですが、確かに言われてみると、人の考え方や行動パターンを考える上で、とてもシンプルでわかりやすい分類方法だなと思います。

そして、
“正解を求める人”には目上の人から評価され、組織の中でいち早く“出世”する人が多く
“真理を求める人”には目下の人から慕われ、いつも楽しそうにしている人が多い

というのが、私がその後、その観点から色々な人を見た上で感じる印象です。
(あくまでも私の独断と偏見で、根拠は何もないのですが・・・)

因みにこの話をされた先輩は典型的な“真理を求める人”で、当初、社内での認識や応援のほとんどない状況から全く新しい考え方を導入した新商品企画を一人で立てて空前の大ヒットをさせるのですが、その後も社内の“出世コース”には興味を示さず、「会社という場を使って自分のやりたい仕事を実現させる」というスタンスを守って仕事を続け、今は独立をして海外で活躍をされているようです。

私が一緒に仕事をしていた若手時代はとにかく、取引先の方々から愛され、厚い信頼を得ている印象が強くありましたが、その後私がこの会社を退社した後には、「この人の元で働きたい!」ということでこの先輩の働く部署への異動希望を出す社員が出るような、そんな管理職社員になられたようです。

“正解を求める人”と“真理を求める人”。

どちらが良いのか?
どちらが優れているのか?
どちらの生き方を選んだ方が得なのか?

・・・それは私には、全くわかりません。

ただ、最近になって何となく感じることは、世の中にはこのどちらのタイプの人も必要だということです。

その上でもしも、

「では、悠真塾がその教育を通して育てたいと思う人材像はどちらなのですか?」

というご質問をいただいたとすれば、私は即座に

「それは、“真理を求める人”です」

と答えます。

その理由をもっともシンプルに言うと

私も明らかな“真理を求める人”で、そうして生きてきたこれまで50年余りの人生が、幸せなものだと思っているから。
そして、自分の二人の子どもたちにもぜひ勧めたいと思っている生き方だから。

ということになります。

悠真塾が提唱する生き方は“真理を求める”生き方です。
コンセプトとして掲げている“根本のチカラ”とは、そうしたまっすぐな生き方を続けていく中で自ずと身についていくもの、と位置づけることができるかもしれません。

もちろん、私は先にも述べたように“正解を求める”生き方を否定するつもりはありません。
二つの要素を最適に組み合わせ、共存させた生き方ができるのであれば、それに越したことはないのでしょう。

ですから、親御さんの教育観として“正解を求める”方向性が強い方でも、お子さまに“真理を求める”方向性の価値観に触れる機会を作ってバランスを取りたい、という考え方もあるかと思います。

そのような方も含め、本校の掲げる理念にご興味をお持ちいただいた方にはぜひ一度、無料体験レッスンにお越しいただければ幸いです。

詳しくはこちら
   ↓
神楽坂悠真塾HP

いっしょに、やりましょう!

「こいぬがうまれるよ」と「ミッケ!」(今日の「ゆるスタディ」)

今日の悠真塾。

今月からお手伝いに入っていただいている三木先生と、楽しくお勉強する娘の図。

ブログ20180410A

4月に入り、娘は毎日、小学校同様悠真塾にも張り切って通っています。

学校ではまだ本格的な授業はなく宿題も出ていないため、「ゆるスタディ」後半の自習の時間は専ら読書。
「悠真塾文庫」から気に入った本を選んでは片っ端から読んでいます。

本日前半に読んだのはこちら

ブログ20180410B

「こいぬがうまれるよ」
(ジョアンナ・コール 文 /ジェローム・ウェクスラー 写真 / つぼいいくみ 訳)

かわいいワンちゃんの写真一杯の本です。

そして、後半はこちら

ブログ20180410C

「ミッケ!」
(ジーン・マルゾーロ 文 /ウォルター・ウィック 写真 / 糸井重里 訳)

様々な物が散りばめられた写真の中から特定のものを見つける、「かくれんぼ絵本」です。

写真は見開きに1枚ずつですが、ページが進むに連れてかなり手ごわくなるようで、娘は三木先生と一緒にこの本に取り組み始めて今日で3日目。
今日も時間切れてまた次回に持ち越しです。

自習時間の終わりには、その日に読んだ本のタイトルだけ、「悠真塾ノート」に記録します。

ブログ20180410D

本は読みっぱなしにしないで、最初はこのようにタイトルだけでも良いのでノートに記録をつける。

この方向で段々、

・自分の気に入った文章や大事なことが書かれた文章を「書き抜き」する。
・自分が感じたことを書く。
・本の中で書かれていることのエッセンスを整理してまとめる。

・・・といった本格的な「ノート学習」 に進んで行く予定です。

神楽坂悠真塾。
まだまだ少人数の教室ですが、運動も勉強も、こんな感じで楽しく進めています。

本校の掲げる「根本のチカラを育てる」という理念にご興味をお持ちいただいた方にはぜひ一度、無料体験レッスンにお越しいただければ幸いです。

詳しくはこちら
   ↓
神楽坂悠真塾HP

いっしょに、やりましょう!

悠真塾学級文庫

神楽坂悠真塾のプログラム3本柱のひとつである「ゆるスタディ」は、30分のゆる体操指導と60分の“自習リード”をセットにした内容です。

自習の時間は、子どもが予め用意して持ってきた課題に取り組むことも、悠真塾が勧める自習メニューに取り組むこともできます。
2月から「ゆるスタディ」に参加している3年生のEちゃんは、前半に毎日取り組んでいるドリルやプリントをやり、後半に悠真塾の自習メニューに取り組む・・・というパターンで定着してきています。

悠真塾の自習メニューの柱は「読書」と「ノート学習」。

教室には、700冊前後の収納が可能な本棚が設置されており、そこに「小学生に読んでもらいたい本」が集められています。

ブログ20180404A

ブログ20180404B

ブログ20180404C

先日は、神楽坂ゆる体操教室会員のNさんが、お子さまの詠み終わった本をたくさん、寄贈してくださいました。

ブログ20180404D

本は、悠真塾の提唱する「根本のチカラ」の育成に欠かせないツールと考えています。

放課後になるとふらりと悠真塾にやってきてたっぷり「ゆる体操」に取り組み、その後、夢中になって本を読む、そんな毎日を送った小学生が将来どんな才能を開花させるのか・・・想像するだけでワクワクします。


※神楽坂悠真塾の掲げる「根本のチカラを育てる」という理念にご興味をお持ちいただいた方にはぜひ一度、無料体験レッスンにお越しいただければ幸いです。

詳しくはこちら
   ↓
神楽坂悠真塾HP

いっしょに、やりましょう!
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる