FC2ブログ

本物の「感動」とは・・・

<今日のレッスン>

●900「 ゆる体操中級」(神楽坂・大澤)
●1050「ゆるウォーク」(神楽坂・大澤)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲今日のレッスンは都合により大澤先生の代行指導。参加された会員の皆さんはいつもと違う新鮮なレッスンを楽しんでくださったものと思います。

▲午後は日本舞踊の「第六十六回 いずみ会」を観るために半蔵門の国立小劇場へ。ゆる体操のニド先生(花柳寿惠小英)や、ニド先生の師匠の花柳寿惠幸先生が出演される会で、私もほぼ毎年、伺っています。

ニド先生の今回の演目は「鷺娘」。まさに、"圧巻"の踊りを見せていただきました。

どんな分野にせよ、圧倒的な質・規模の身体意識を伴ったパフォーマンスに触れると、人はその身体意識に影響されて、一時的にせよいつもより高いレベルの自分を体験する・・・ということが起こるようです。

今日の私がまさしくそうでしたが、これが本当の「感動」というものなのだなと、改めて身をもって感じました。


さて、私にとっての「舞台」は言うまでもなく、教室でのレッスンの場です。

ゆる体操を、そして私を信頼し、通ってきてくださっている会員の皆さんに、本物の「感動」を提供できるレッスンを提供しなければ・・・。その思いを強めた一日でした。

やりますよ。本当に・・・。
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる