FC2ブログ

市ヶ谷に向かう“通学路”の思い出

<1月8日(金)のレッスン>

●1045「ゆる体操中級」(多摩センター・坪山)
●1430「ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)
●1800「ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲金曜日の朝はいつも、まず娘を保育園に送り、そのまま歩いてJR市ヶ谷駅で総武線に乗り、午前中レッスンを行う多摩センターに向かいます。

私は5歳から10歳にかけて、神楽坂から15分ほど歩いたところにある払方町という住宅地に住んでいました。

金曜日の通勤時に通る、払方町からJR市ヶ谷に向かって歩くコースは、私の小学1年~4年の頃の通学路で、毎週歩くたびに、懐かしい気分になります。

ブログ20160108A

私の小学校は、千代田区の番町小学校。いわゆる“越境入学”です。
払方町の家から番町小学校までは子どもの足で片道30分くらいかかったと思いますが、「運動になるから」ということで、徒歩で通学をしていました。

もちろん、私ひとりで歩いて通うのです。

小学校に入学したばかりの私にとって、この30分の通学路の道のりは、興味と好奇心をそそる対象に溢れた、とても魅力的な空間でした。

母親が初めて、学校の「保護者会」に出たときのこと。

「お宅のお子さんはいつも、始業時間ギリギリか、遅刻をして学校に来る。もっと早く家を出るようにできないか」

といったことを担任に言われました。

時間は十分余裕をみて、家を出るようにさせていたため、母親はビックリしました。
そして、真相を確かめるため、ある「作戦」を決行しました。

ある日の朝。
母親はいつも通り私を見送った後、8ミリカメラを持って私を尾行し、私の通学中の様子を後ろから、こっそりと撮影したのです。

そして日曜日。
家族全員で、襖の白い部分をスクリーン代わりにした「上映会」が開かれ、この「尾行映像」が上映されました。

映像の中の私は本当に、
何歩か歩いては、あっちへフラフラ、
また何歩か歩いては、こっちへフラフラ・・・。

細かい内容は忘れましたが、
タンポポが生えていれば綿毛を吹いて飛ばし、
オシロイバナが生えていれば種をつぶして中の白い粉を顔につけて「おしろい」をし、
アリの巣があればしばらく立ち止まり、

・・・といった類の内容が、続いていました。

そんな調子なので、30分の通学時間が40分にも、50分にも伸びていたのでしょう。


「自分の姿を映像で客観的に見れば、それがおかしいことだということが分かって改善するのではないか」

というのが母親の狙いだったようですが、私のこの「習慣」はその後も続きました。


外堀通り沿いの店の軒下に燕の巣があるのを見つけ、
ヒナドリが口を開けて待っているところに親が餌を運んでくる
・・・という様子を夢中になって見ているうちに、危うく遅刻になりかけたこともありました。

その時はたまたま通りかかった叔母が手を引っ張って市ヶ谷駅まで連れて行き、難を逃れることとなりましたが・・・。


さて、このブログを続けて読んでくださっている方は既に気づかれたかもしれません。

昨年12月16日の記事、“ 「好きなこと」と「なりたいもの」”
http://yurukagurazaka.blog.fc2.com/blog-entry-25.html
などでご紹介した娘の性格は、私のこんな部分を受け継いでしまったのではないか、
というのが、私たち夫婦の間では共通の見解となっています。

私は、この性格で人生を生きていくことの「幸せな部分」と「しんどい部分」を、良く知っています。

だから娘がこの性格を引き継いでいるのは、
嬉しいような心配なような、なんだか微妙な気がするのです・・・(笑)。

プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる