FC2ブログ

毘沙門さまに手を合わせる朝。

<1月27日(水)のレッスン>

●1030「ゆる体操中級」(神楽坂・坪山)
●1800「ゆる体操中級」(神楽坂・坪山)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲神楽坂のシンボル、「善國寺」。
地元の人には昔から、“毘沙門さま”と呼ばれ、親しまれています。

ブログ20160127A

子どものころ、一緒に暮らしていた祖母は朝起きるとまず、
仏壇にお茶をお供えし、お線香をあげて拝んでいました。

そんな、祖母の影響を受けているのかもしれません。

私は、信仰する特定の宗教はありませんが、

今、我々がこうして現実に生きている世界を、
高いところから静かにやさしく見守ってくれている存在

を、自然に意識する感覚を持っています。

昔から言う「お天道様が見ている」感じと言った方が、
わかっていただけるかもしれません。

この感覚をもつことは、これまでの人生の中で主に

自分の心のポジションを、あるべきところに立ち戻らせる。

のに、役立ってきたような気がします。



そんな意味合いもあるようなないような、ですが・・・

朝の、娘の保育園の「送り」の際には必ず、
毘沙門さまに手を合わせるのが毎日の習慣になっています。

ブログ20160127B

形は違えど・・・。

自分が子どもの頃に教えられたこと、見て覚えたことを
知らず知らずのうちに、自分の子どもに教えている。

そういうことって、すごく多いようです。
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる