FC2ブログ

超(!?)手帳術 その2

<2月16日(火)のレッスン>

●1030「ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)
●1330「ゆる体操中級」(神楽坂・坪山)
●1930「ゆる体操中級」(神楽坂・坪山)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲昨年1月4日の記事

超(!?)手帳術 その1
http://yurukagurazaka.blog.fc2.com/blog-entry-40.html

の、続きのお話し。

ブログ20160104A

子どもの頃から、整理整頓が大の苦手だった私が今、こうして自分の会社の事務仕事を何とかまわしているのは、昔に比べて(少なくとも仕事に関しての)整理整頓が上手になったからだと思う。
そしてそれは、この10年ほど愛用している手帳のお蔭・・・と言えるところが大きいと思う。

色々、使い方の工夫を重ねてここまで来たので、それを紹介したら面白い記事になるのではないか

・・・ということで始めたこのシリーズですが、2回目で早くも壁にぶつかっています。

理由は、私の手帳の使い方などは、誰でもやっているごく当たり前のことなのではないか?と思い始めたこと。

だからなんだかとても恥ずかしいのですが、前回「その1」としてしまったので、続けます。
当たり前の話しでしたら、ご愛嬌ということで・・・(笑)。


▲私が愛用している手帳のタイプはシステム手帳。

システム手帳のメリットは、「自分のスタイルに合わせて、アレンジをして使える」ことだと思います。

私は「日常、頻繁に必要となる情報のありかを、できるだけこの1冊に集約したい」と思ってこの手帳を使っていますが、
そうして色々な種類の情報を1冊の手帳で管理しようとすると、

必要な時に、必要な情報をすぐに取り出せない。

といった問題が生じやすくなります。


そんな問題を解決してくれるのが、これ。

ブログ20160216A

プラスティック製の「ブックマークリフィル」。

私はこのリフィルを6つ使い、

・マンスリースケジュール
・デイリースケジュール
・メモ帳
・トレーニングのチェック表
・仕事の月次TODOリスト
・教室の出席記録表

の各ページに挟み、必要なときに、これらのページを一発で開けるようにしています。

この使い方、思いついたときはワクワクしました。
実際に使い始めたときは、感動しました。

でもやっぱり、誰でも普通に思いつくことかも・・・(笑)。

事務仕事を固まらずに進める方法

<2月15日(月)のレッスン>

なし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲月曜日は基本的に、レッスン指導はお休み。
たいていは事務仕事を行うことになります。

特にこの時期は確定申告の準備で、毎年事務仕事の量が倍増します。

単純な入力作業の繰り返し。
体は固まるし、やらなくて済むのであればそれに越したことはないのだけど、やらないわけにはいかない。

でも、これで固まってしまったら不快だし、それでレッスンの質が落ちるようなことがあったら会員の皆さんにご迷惑をおかけしてしまう。

どうしよう・・・。

と、いうことで編み出したのが、

30分間仕事→15分間トレーニング

のセットをひたすら繰り返す、“サーキットトレーニング風“のワークスタイル。


今日はこれを10セット行いました。

10セットだと、仕事を5時間、トレーニングを2時間半できますが、
これなら固まらないし、飽きません。

そして、仕事もトレーニングも、はかどります。

ポイントは、15分のトレーニング時間の中に必ず、脳疲労解消系の「ゆる体操」を入れること。

ちなみに私はトレーニングの時、
こんなキッチンタイマーを使ったりしています。

ブログ20160215A

私のような、フリーな職業の人間だからこそできることなのかもしれませんが、よろしければご参考に・・・。

神楽坂ゆる体操教室開校12周年

<2月14日(日)のレッスン>

● 900「ゆる体操中級」(神楽坂・坪山)
●1050「ゆるウォーク」(神楽坂・坪山)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲昨年11月29日の記事
http://yurukagurazaka.blog.fc2.com/blog-entry-9.html
でご紹介をした、

妻の“小劇場”の催しが変わっていました。

ブログ20160214A

そう、本日2月14日は神楽坂ゆる体操教室の”誕生日”。
今年で12歳です。

毎年この日を迎えると必ず一度は思い出すのが、開校した最初の日のこと。

4年前、8周年を迎える際にこの「思い出」を会員向けメールマガジン「神楽坂ゆる通信」でご紹介したのですが、
こちらを神楽坂ゆる体操教室のホームページにアップしました。

もしもよろしければ、お読みください。

http://yuru-kagurazaka.jp/?p=785

思えば何より、指導する本人たちが楽しんで取り組んできたのが、良かったような気がします。
これからも、「明るく」「楽しく」をモットーに、1回1回のレッスンを大切に積み重ねていきます。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。


▲さて、2月14日といえば世の中的には、バレンタインデー。
朝、私も我が家の“女子チーム”2名から、チョコレートとカードのプレゼントをいただきました。

ブログ20140214B

ちなみに息子にも、カードと、お姉ちゃん手作りの“粘土チョコ”が・・・。

ブログ20160214C

いただいたら、お返しをしなければなりません。
どうする“男子チーム“。

チームと言いつつ、もう一人のメンバーがまだ相談相手になれないところが、父ちゃんの大変なところ。

まっ、1か月ゆっくり考えましょう・・・。

第91回女流名家舞踊大会

<2月13日(土)のレッスン>

● 900「ゆる体操中級」(神楽坂・坪山)
●1400「ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲今日は、1月11日(月)の記事
西川喜之華さんと「ゆる体操」

の中でご紹介をさせていただいた、「第91回女流名家舞踊大会」が国立大劇場でありました。

ブログ20160213A

900のレッスンを終えてすぐに半蔵門に向かい、NIDO(花柳寿惠小英)先生の「都風流」を鑑賞。
すぐに神楽坂に戻り、1400のレッスン。
終了後、またすぐに半蔵門に向かい、時間ギリギリでNIDO先生の師匠、花柳寿惠幸先生の「お祭り」に間に合い、鑑賞。
その後、神楽坂教室会員の長澤永子(西川喜之華)さんの「鷺娘」を鑑賞。

たっぷりと、「本物」に触れさせていただきました。

こちらに伺うと、毎回、深く「感動」をします。
でもその「感動」はいつも、自分自身への「宿題」を突き付けられるような、「感動」です。

「・・・で、(これを見て)自分はこれから、どうするんだ?」

ということを自問自答しながら、今日も帰路を歩きました。

一言でいえば、「上達」です。

NIDO先生の「本質力」に、少しでも近づけるように。
花柳寿惠幸先生のように、90歳を過ぎても人に本物の感動を与える実技を示せるように。
長澤永子さんが、今後もレベルアップをし続けられる指導ができるように。

これらを全て叶えてくれるものは結局、「上達」のみ。

また、気合いが入りました。

ゴキゲンな理由は、どっちかな・・?

<2月12日(金)のレッスン>

●1045「ゆる体操中級」(多摩センター・坪山)
●1800「ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)
●1800「ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲金曜午前にレッスンを行う、「Jeugiaカルチャーセンター多摩センター」の窓から見える、多摩中央公園の風景。
ブログ20160212A

四季折々、色々な表情を見せてくれます。
16年続いた多摩地区での暮らしを引き上げ、再び都心に移り住んで6年。緑に触れる貴重な機会になっています。

が、しかし・・・。
この教室では、この窓が正面。
つまり私は、いつもこの風景を背にして、指導を行っています。

ということはもちろん、生徒さんはいつも、この風景と私の体操を前に見ながら、体操を行っています。

ちなみにこの「多摩センター」クラスの皆さんは以前より、私が担当する多くのクラスの中でも一・二を争うほど、明るく、ゴキゲンな皆さんです。

この景色を見ながら、たまに私の方なども見ながら(笑)、たっぷりゆる体操をやっていたら、それはゴキゲンにもなりますね。

神楽坂教室では森の雰囲気を出すために鳥の鳴き声ののCDをかけていますが、それを考えるとこの教室、かなりお得かも知れません・・・。

“プロセスの大切さ”を教えてくれたもの

<2月10日(水)のレッスン>

●1030「ゆる体操中級」(神楽坂・坪山)
●1800「ゆる体操中級」(神楽坂・坪山)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲子育てをする立場になってから、自分自身がこれまで、いかにして育てられ、成長してきたのか?
・・・ということを振り返る機会が多くなりました。

私自身のこれまでの成長に大きな影響を与えたものとして、決して忘れることができないのが「空手道」です。

私が空手を始めたのは、14歳(中学2年)の時。
松濤館流・日本空手協会の支部道場でした。

空手協会は、空手道の競技化にいち早く着手をした団体ですが、同時に空手の「武道性」に対して強い信念を持つ団体でもあります。

「武道」とは何か?
「スポーツ」とは、どう違うのか?

こうした議論が、空手界ではよくされています。

これについては、様々な観点と様々な意見があり、決まった定義はないようですが、
私は、自分で学んできた経験から、「武道」の最も大事な側面は

「鍛錬」という“プロセス”を通して学んだことを、人生に活かすこと

であると考えています。

そしてその部分が、しばしば「結果至上主義」と評される競技スポーツとの大きな違いでもあると、思います。

空手協会では、こうしたコンセプトが深く根付いていて、それが稽古体系にも反映されていました。
その表れの一つが、「基本」を、徹底的に重視する姿勢です。

空手の稽古体系は「基本」「型」「組手」という大きな三本柱によって構成されています。
テレビの試合中継などで、2人の選手が「突き」や「蹴り」の技をかけあって戦う映像をご覧になられたことがあるかもしれませんが、あれが「組手」。一方、一人で定められた技を演じるのが「型」です。

空手を始める、ほとんどの人間の動機は「強くなる」こと。

であれば、初心者のうちから「組手」をたくさんやれば手っ取り早いのではないか・・・と考えそうなものですが、空手協会の指導方針はそれとは正反対で、入門から数年間のうちは、「基本」や「型」、そして基本的な「約束組手」を通して、強くなるための“土台”をじっくりと練り上げます。

「退屈に感じるかもしれないけど、早く組手をやりたいかもしれないけど、今はこうして基本をじっくりやるんだよ。そうしたら、後で組手をやるようになった時にぐんと伸びていくからな・・・」

16歳の頃、厳しい「移動基本」の稽古の合間に座り込み、荒い息をしていた私に、道場の支部長の先生がかけてくださったこの言葉が、忘れられません。

その後、大学でも空手を続け、組手を多くやるようになった時に、この言葉の意味を身をもって実感することになりました。


空手協会では他に「地力」という言葉がよく使われます。

「あの人は“地力”のある、良い空手をする」
「あの人は試合では勝つけれど“地力”がない」

「地力」とは、プロセスを一歩一歩、着実に積み上げていった者だけが身に着けることのできる、“真の強さ”。

試合の結果とは別に、こうした地力のあるなしを評価する。場合によっては試合の結果以上に、この地力の有無を重視する・・・といった価値観がそこにはあり、その価値観に深い影響を受けながら青年期を過ごしたことが、今の私の「考え方」の根本を形作っているように思います。

その後社会人になり、教育関係の仕事に就いた私は、この「地力」という考え方についてますます関心を深めました。

今、社会人として自分が求めるべき「地力」とは何だろう・・・
人間としての「地力」とは何だろう・・・

そして行きついたのが、高岡英夫先生の提唱される「身体意識」や「本質力」の考え方だった、ということで現在の、「ゆる体操指導員」としての私につながります。

東京オリンピックの追加種目の最終候補に残り、にわかに注目を集める「空手道」。

これが実現すれば大変喜ばしいことではありますが、「スポーツの祭典」に参加するようになった後も、空手道の培ってきたこうした素晴らしい価値観は失わないでほしいな、と、かつて「空手の武道的側面」に育てられた一人として切に祈っています。
ブログ20160210A





「春一番」と“やる気スイッチ”

<2月9日(火)のレッスン>

●1030「ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)
●1330「ゆる体操中級」(神楽坂・坪山)
●1900「ゆる体操中級」(神楽坂・坪山)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲2月なのに、温かい一日。
レッスンに来られた会員さんの話では、「春一番」吹いたとか、吹かなかったとか・・・。

娘の作った「きおんカード」でも、高い温度が示されている(?)みたいです。

ブログ20160209A

農家の方など、普段自然に触れる機会の多い人は、虫や植物の様子から季節の移り変わりを感じることが多いのだと思いますが、面白いことに体操教室をやっている私は、人間の様子から、季節を感じられることがあります。

二十四節気に、「冬眠していた虫が、春の訪れを感じ穴から出てくる頃」とされる「啓蟄」があります。
時期は毎年3月6日頃なのだとか。

この、「啓蟄」の頃を迎えると毎年、しばらく休んでおられた会員さんがまた復帰をしたり、無料体験レッスンのお申し込みが続いたりするのです。

春の訪れとともに、“やる気スイッチ”がオンになるのでしょうが、今年はこのスイッチの入る時期が例年よりもかなり早いようで、この1週間前位から、色々とご連絡をいただくようになり、教室全体が、例年の2月にはない活気に包まれています。

やっぱり、今年の冬は暖かいのですね・・・。

人間を虫と一緒にするのは失礼・・・という意見もあるかもしれませんが、私は逆に、そんな様子を見ながら「人間もやっぱり自然の一部なのだな」などと妙に感心をしてしまいます。

この記事を読んでくださっている“冬眠中”の会員の皆さ~ん。
もうすぐ春ですよ~!

はじめての“中級”。

<2月8日(月)のレッスン>

なし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲教室には「ゆる体操初級」「ゆる体操中級」「ゆるウォーク」の各クラスがありますが、
このうち「ゆる体操中級」クラスにご参加いただくためには条件が決められており、ゆる体操歴1年以上のキャリアと一定時間以上のご参加実績が必要となります。

「中級」クラスの、「初級」クラスとの大きな違いは、体操のバックボーンにある「理論」をお伝えするところです。

と言うことは、「初級」クラスでは基本的に「理論」はお伝えしないことになっている、ということでもあります。

この決まりは、先にご紹介した「中級」クラスのご参加条件同様、私の教室の中だけのルールではなく、日本ゆる協会に所属する公認指導員全体のルールとして決められています。

このルール。長年指導を続けているとつくづく実感をするのですが、
会員の皆さんの上達という観点で見て、非常に合理的で優れたルールなのです。

入会をされた方が最低1年間受講をされる「ゆる体操初級」クラスではまず、皆さんが本来持っているはずの「体で感じる」能力を取り戻していただきます。

その際のキーとなるのが「気持ちよさを味わう」こと。

忙しい毎日を送られる中、「頭で考える」能力を使う機会に対して、「体で感じる」能力を使う機会が少なくなっている方が多いようですが、「初級」クラスの1年間は、こうした「体で感じる」能力を取り戻す期間として、とにかく明るく、楽しく、笑いを交えながら、ある意味能天気に(・・・笑)、取り組んでいただいています。

これが実は、「ゆるむ」ために最も大事な要素になってくるのですが、この時期に「理論」を同時にお伝えしてしまうと、多くの方の脳のモードが再び「頭で考える」方向に戻ってしまい、結果、本当に深い部分からゆるむことができなくなってしまうと考えられるため、「初級」クラスでは「理論」の指導を行っていません。

一方、「体で感じる」能力を取り戻し、「理性」と「感性」の両方の能力を上手に協調して使うことができるようになられた方にとって、体操の「理論」を知ることは上達のための大変大きなプラスになります。

その意味で、「ゆる体操中級」クラスは、「理論を知ることが上達のプラスになる段階に入った方々の集まり」とも言えるかもしれません。

さて、先週土曜日の1030クラスで、【K927】さんが待望の「中級デビュー」を果たしました。

終了後に感想を伺うと、この日じっくりと取り上げたある体操について、
「そういうことだったのか!」とよく理解をできたとのこと。

「中級」クラスに参加をされるようになって、初めて登場する「ゆる体操」の“醍醐味”というものがあります。

まだ「中級」クラスに参加をされたことのない皆さんは、どうぞお楽しみに・・・。

ブログ20160208A

神楽坂で夜ごはん(「神楽坂魚金」の巻)

<2月7日(日)のレッスン>

● 900「ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)
●1030「ゆるウォーク」(神楽坂・坪山)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲大阪のトレーニング仲間、Aさんが仕事で上京とのことで、一献。
場所は私のおなじみ、「神楽坂魚金」。

ここでまず注文するのは、 「お手頃三点盛り」。

ブログ20160207A

三点と言いつつ、七点入っています。
毎回そうです。

せっかくなので初めてだけど、「うるめいわしのオイルサーディン風」も注文。

ブログ20160207C

そしてこれは以前からのお気に入り。「イカ墨チャーハン」。

ブログ20160207D

このお店の特徴は、
注文した品がみな、予想外においしく、そして予想外にたくさん出てくること。

ちなみに以前、魚河岸の買い付けの仕事をされている会員のYさんとこの店に来た時に確認をしたところ、
「このお店はいいネタを使ってますよ。これでこの値段は、すごいなあ・・・」
とのことでした。

私と同い年で、やはり会社経営をされているAさん。
うまい魚を食べ、うまい日本酒を飲みながらの話は尽きず、
2次会に繰り出して11時過ぎまで語り合いました。

トレーニングが積み重なり、この年齢になっても自身の上達を実感できる、というだけで本当に幸せなことなのですが、
最近はこうした「仲間」との時間・体験の積み重ねの重さを、しみじみ実感することも多くなりました。

本当に、
幸せなことです。

2月は、「足モジ」。

<2月5日(金)のレッスン>

●1045「ゆる体操初級」多摩センター・坪山)
●1430「ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)
●1800「ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲ 私の指導する4つの教室の「ゆる体操初級」クラスでは、毎月、「課題パーツ体操」が決められていて、その体操を「楽しく、気持ちよくできるようになる」ことを主なテーマとして、レッスンが進められています。

2月の課題パーツ体操は「足モジ」(「足モジモジ体操」)。
モジモジした動きを使って、脚全体をゆるめる体操です。

この体操を2月の課題パーツ体操にした大きな理由は、「寒さ対策」。
うまくできると、足の裏から全身にじわっと、温かさが立ち上ってきます。


毎年、寒い時期を迎えると思い出すのは、以前教室に通って下さっていた、
ある会員さんのこと。

ある時、教室に入るや
「先生先生、これ見てください・・・!」

と、何かのパンフレットを持ってきました。

見ると、床暖房のパンフレット。

「ほら、安いでしょ? これ、教室に入れましょうよ・・・」

冬場のレッスンの際の、床からの「冷え」が気になっていたようです。

諸般の事情により、床暖房の導入は見送られましたが(笑)、
その後、床には断熱用の銀マットとコルクマットを二重に敷くようになり、エアコンも新調されて、「寒さ」の問題はほとんどなくなりました。

それでも「寒さに弱い」という方には、遠赤外線ヒーターを使用して対処をしています。

そして、行う課題パーツ体操は「足モジ」。
まさに万全の「寒さ」対策で今月を迎えていますが、今年の冬は、どうもあまり寒くないようで・・・。

気を付けないと逆に温まりすぎて、教室が、「ホットユルスタジオ」のようになりかねない状況で、温度調節に苦心をしています。


★「足モジ」のやり方や効果については
『脳と体の疲れをとって健康になる 決定版ゆる体操』(PHP研究所)の107ページを、ぜひご覧ください。

ブログ20160205A
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる