FC2ブログ

超(!?)手帳術 その2

<2月16日(火)のレッスン>

●1030「ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)
●1330「ゆる体操中級」(神楽坂・坪山)
●1930「ゆる体操中級」(神楽坂・坪山)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲昨年1月4日の記事

超(!?)手帳術 その1
http://yurukagurazaka.blog.fc2.com/blog-entry-40.html

の、続きのお話し。

ブログ20160104A

子どもの頃から、整理整頓が大の苦手だった私が今、こうして自分の会社の事務仕事を何とかまわしているのは、昔に比べて(少なくとも仕事に関しての)整理整頓が上手になったからだと思う。
そしてそれは、この10年ほど愛用している手帳のお蔭・・・と言えるところが大きいと思う。

色々、使い方の工夫を重ねてここまで来たので、それを紹介したら面白い記事になるのではないか

・・・ということで始めたこのシリーズですが、2回目で早くも壁にぶつかっています。

理由は、私の手帳の使い方などは、誰でもやっているごく当たり前のことなのではないか?と思い始めたこと。

だからなんだかとても恥ずかしいのですが、前回「その1」としてしまったので、続けます。
当たり前の話しでしたら、ご愛嬌ということで・・・(笑)。


▲私が愛用している手帳のタイプはシステム手帳。

システム手帳のメリットは、「自分のスタイルに合わせて、アレンジをして使える」ことだと思います。

私は「日常、頻繁に必要となる情報のありかを、できるだけこの1冊に集約したい」と思ってこの手帳を使っていますが、
そうして色々な種類の情報を1冊の手帳で管理しようとすると、

必要な時に、必要な情報をすぐに取り出せない。

といった問題が生じやすくなります。


そんな問題を解決してくれるのが、これ。

ブログ20160216A

プラスティック製の「ブックマークリフィル」。

私はこのリフィルを6つ使い、

・マンスリースケジュール
・デイリースケジュール
・メモ帳
・トレーニングのチェック表
・仕事の月次TODOリスト
・教室の出席記録表

の各ページに挟み、必要なときに、これらのページを一発で開けるようにしています。

この使い方、思いついたときはワクワクしました。
実際に使い始めたときは、感動しました。

でもやっぱり、誰でも普通に思いつくことかも・・・(笑)。
スポンサーサイト



プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる