FC2ブログ

入会第1号!

<8月26日(金)のレッスン>

●1045「ゆる体操中級」(多摩センター・坪山)
●1430「ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)
●1630「ゆる体操小学生」(神楽坂・坪山)
●1800「ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日、神楽坂教室での入会1000号達成のお話を書きましたが、今日は入会1号のお話。

今月より神楽坂教室でゆる体操の「小学生クラス」をスタートしましたが、15日(月)に、待望の「小学生クラス会員第1号」が誕生しました。
小学2年生の男の子です。

大きな夢を抱いて開校した小学生クラスですが、私の中で、実際にスタートをするまで付きまとった不安がひとつありました。
それは、

「そもそも、小学生の子どもが、動きのゆったりとしたゆる体操に、退屈せず取り組んでくれるのだろうか・・・?」

ということ。

取り組んでくれさえすれば、その効果には確信をもっているのですが、まずはやってくれるのか?ということが未知数で、そのことだけが不安要素として私の中にありました。

が、その不安は最初のレッスンを終えた段階で、まったく杞憂であることがわかりました。

フタを開けてみれば、

子どもも大好き「ゆる体操」!

だったのです。

そんなことで今日は2回目のレッスン。
今日も、とても楽しそうにレッスンを受けてくれましたが、終わった後にはお母様に「スッキリして気持ちがいい」と感想を話してくれていたそうです。

小学校低学年のお子様でも、「疲れ」は溜まり始めているようです。

まずはその疲れを根こそぎ取り除いて、毎日をもっと快適に過ごせるように。
そして、もって生まれた「力」を、今よりももっと発揮できるように・・・。

そのために、もっともっと、

だら~っ・・・。

とできるように、レッスンを進めています。

ブログ20160826
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる