かけっこの前は「腿ユッタリ」

今日の神楽坂ゆる体操教室、10時半の「ゆる体操中級」に参加をされていたMさんは、2005年7月から通って下さっている大ベテラン。そのMさんからレッスン終了後、小2の息子Eくんについての嬉しいご報告をいただきました。

神楽坂教室ではかつて、小さいお子様を子育て中の会員さんを対象に月1回ほどのペースで「子連れクラス」を開講していたことがありますが、Eくんはこのクラスにお母さんと共に生後2か月の時から3~4歳くらいまで通ってきてくれていたので、私の中では自分の生徒のような気持ちでいます。


そんな、Eくんの小学校でも先日、運動会がありました。

お母さんのMさんの話しでは「運動がニガテ」だというEくん。
運動会前に何度か行われたかけっこの練習ではいつも最下位でした。

他のお友達のお宅で、母さんが息子さんに
「一等賞になったらお菓子を買ってあげる・・・」
と言っていたとの話を聞き、

Mさんが、
「Eも、一等賞になったら買ってあげるよ」
と言っても、

「僕はかけっこで一等賞になるのは無理だから、(自分の属する)赤組が優勝したら買って・・・」
と、全く自信のない様子。

そこでMさんは運動会前日、このブログの5月27日の記事でご紹介した私の娘の話を思い出し、かけっこの本番前に「ゆる体操」をやる作戦をEくんに伝えました。

最初は私の娘と同じく、「踵クル」で行こうとしましたが上手くできない様子なので「腿ユッタリ」に変更。

そして運動会当日。
お母さんの授けてくれた作戦を守り、かけっこのスタート前に「腿ユッタリ」をやり続けていたEくんは、何と一等賞になってしまいました。

私も、スマホで撮られた動画を見せてもらいましたが、「運動がニガテ」にはとても見えない、立派な走りをしていました。

応援に来ていたおじいちゃんおばあちゃんは大喜び。
でも、まさか自分が一等賞になるとは思っていなかったEくん本人はきょとんとしていたとか・・・。

5月21日にご紹介したTくんの話し、5月27日にご紹介した私の娘の話し、そして今回のEくんの話と、
「運動会かけっこ三部作」のようになってしまいました。

全員が一等賞とは、いかにも「ウマすぎる話し」のようですが、もちろん実話です。

これらのことについて、私が何よりもうれしいのは、「ゆる体操」を通して、「自分は足が遅い」「自分は今回は勝てない」と思っていた子どもたちが、その壁を打ち破る手伝いをすることができたことです。

子どもは本来誰でも、無限の可能性を持っているのだと思います。
でも、多くの子どもたちは“見えない壁”によってそのせっかくの可能性を押しとどめられてしまっているようです。

その、子どもの“見えない壁”を突き破るのに、「ゆる体操」は私が当初想像し、期待していた以上に有効なものだったのではないか・・・と思い始めています。

これから、壁を破った子どもたちの笑顔をたくさん見るのが楽しみです。


※ちなみにタイトルに書きました通り、かけっこの前は(座りながらの)「腿ユッタリ」がおススメです。
なぜかと言うと、かけっこのスタート前はずっと安坐で座っていて、立つのはスタート直前になってから・・・というケースが多いからです。
私はその流れを知らず娘に、立位で行う「踵クル」をやるように伝え、娘は律儀にもスタート直前にそれを守りましたが、そのお蔭でスタートが遅れてしまいました。

これから運動会という方は、ぜひご参考に・・・。
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる