FC2ブログ

夏バテとゆる体操

今年も、厳しい暑さがやってきました。

毎年、暑い夏を迎える頃になると思い出す、ある会員さんのエピソードがあります。
会社勤めをされている40代の女性の方でした。

その方が神楽坂教室に入会をされたのはアテネオリンピックの次の年だったと記憶していますので、もう13年も前のことになります。

初めて体験レッスンに参加をされたのは、4月か5月の頃だったと思います。

体験受講に来られた方にいつも私は、
「体操を通して、何か改善されたいことはありますか・・・」
といったことを伺い、ゆる体操にどのようなことを期待しておられるかを確認します。

同様のことを伺ったところ、その方は非常に深刻な表情で、

「夏が来るのが怖いんです・・・」

と言われました。

この年の前年である、アテネオリンピックのあった2004年の夏は大変暑い夏だったのですが、この時に大変な夏バテになり、辛い思いをした。また今年も夏がやって来て同じような思いをすると思うと怖くて仕方なく、精神的にも参ってしまっている。少しでも体を強くする何か良い方法はないか、と調べる中で「ゆる体操」に行きついた・・・というお話でした。

体力的にかなり弱っておられるようで顔色も悪く、レッスンも、「立ちゆる」については最初の何回かは休み休み取り組むといった状況でしたが、「寝ゆる」を中心に無理なく取り組む中で段々と元気になり、その年の夏を特に体調を崩すこともなく無事に乗り切ることができました。

教室にはその後、ご事情で海外に移住をされることになるまでの数年間通って下さりましたが、その間に体質がかなり強化されたのか、入会当初の印象が嘘のように顔色も良くなり、元気に明るく過ごされていたことをよく覚えています。

その話を先日あるレッスンの中で紹介ししたところ、

ある生徒さんが深く頷きながら

「そのお話、よくわかる気がします。お話を聞いて気づいたのですが、私もゆる体操をはじめてからのここ数年、夏が暑い暑いといいつつ、これまでのように辛く感じなくなっているんですよね・・・」

と言われていました。

長い夏を辛い思いで過ごすことになるか否かは大きな違いですが、ゆる体操を通してこんなことを改善することも可能です。

ここ最近の暑さを深刻に「辛いな・・・」と感じておられる方、まずは気軽に「寝ゆる」からでも、始めてみませんか?
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる