FC2ブログ

「子どもが集中して勉強できない」そんな悩みを持つ方に、とっておきの方法をご紹介します!

本日は、

「子どもに、自分から進んで机に向かうことができるようになって欲しい」
「できたら、中学受験もさせたい」

と考えているものの、

なかなか落ち着いて勉強をしてくれない
集中力が続かない

・・・といった悩みをお持ちの方に、根本的な解決につながるとっておきの方法をご紹介します。

私はちょうど30年前となる大学卒業時から教育に関する事業に携わってきていますが、

「子どものやる気を引き出す」

というのは当然その頃(それよりずっと以前)から取り上げられてきているメインテーマの一つで、

「やる気を引き出す親の関与の仕方や声のかけ方」
「計画の立て方」
「勉強に取り組みやすい環境の整え方」

等々、様々な対応策が紹介されてきています。

それらの取り組みはもちろん大切で、私も指導者の一人として、また、2人の子どもの親としても重視しているので
すが、もっと根本的な解決策であるのにも関わらず、昔も今もあまり注目をされていないアプローチ方法があります。

それは何かというと、

「体を整える」ということ
そして更には
「軸を育てる」ということです

そして、そのための最も効果的で誰にでも取り組める方法が

「ゆる体操に取り組む」

ということになります。

体が整い、軸が育つと、集中して勉強に取り組むための、言わば「根本のシステム」が準備されます。

その上で、上に挙げたような「やる気を引き出す」具体的な条件を一つ一つ整えていけば、その子の学習習慣は盤石
なほどに強く定着することでしょう。

また、体が整い、軸が育つことで勉強に限らず全てのことに対しての取り組み姿勢が変わりますので、それはその子
にとっての「生きる力」の重要部分を育てることに他なりません。

私は日頃、教室に通う子どもたち全員が、自らの力で幸せな人生をつかみ取ることのできる子どもに育って欲しいと
願い、1人1人の現状を様々な観点からじっくり見ていますが、

「集中して勉強に取り組めない子」「落ち着きのない子」について、
「体の状態」や、(専門的な観点になってしまいますが)「身体意識の状態」の観点から見てみると、
「体や身体意識」の状態と「勉強への取り組み」の状態にはっきりとした相関を見ることができます。

「普段の姿勢の問題などから体に癖やゆがみが多くあり、それがストレスとなってじっとしていられない」

「体は素直で整っているが、落ち着きを生み出す身体意識が育っていない。だから体を動かすことには集中できるが
 机にじっと座って勉強することには集中できない」

など、子どもそれぞれによって状況はそれぞれですが、いずれにせよ「ゆる体操」を通して体を整え、軸を育てることに
よって、徐々にではありますが確実に、そして根本的に改善をしていきます。

そんな、「ゆる体操で変わった」お子さまの体験談が、こちらに紹介されていますので、宜しかったらご覧ください。

http://yushin-kagurazaka.jp/2018/01/05/taiken/

因みにこのお子さまは現在6年生になりましたが、

毎日、進学塾で出された課題を「ゆるスタディ」のオンラインレッスンで取り組んだり、空手のオンラインレッスン
に参加するなどして、新型コロナウィルス感染拡大による小学校休講の状況の中でも生き生きと毎日を過ごしています。

さて、この記事をここまでお読みいただき

「ゆる体操、ぜひ我が子にもやらせてみたいけど、何から始めたら良いの・・・?」

と思われた方にはまず、

「ゆる体操」開発者である高岡英夫先生が実演されている以下の動画をご覧いただき、親御様ご自身に実際に「ゆる体操」
をご体験いただくことをお勧め致します。

●腰モゾ(腰モゾモゾ体操)

http://yuruexercise.net/japan/movie_mozo_hip.html

●すねプラ(すねプラプラ体操)

http://yuruexercise.net/japan/movie_pura_shin.html

●膝コゾ(ふくらはぎ膝コゾコゾ体操)

http://yuruexercise.net/japan/movie_kozo_calf.html

●背もたれ首モゾ(背もたれ首モゾモゾ体操)

http://yuruexercise.net/japan/movie_mozo_neck.html

「ゆる体操」には200種類以上の体操がありますが、まずは初心者の方にお勧めの体操4つをチョイスしました。


そして更に興味・関心を深めてくださった方には、
神楽坂悠真塾で行っている「ゆるスタディ」のオンラインレッスンに無料体験いただくことをお勧めします。

「ゆるスタディ」は、30分間の「ゆる体操」と60分間の「自習タイム」をセットにした本校独自のプログラムです
が、オンラインレッスンを開講したしたことで全国どちらにお住いの方にもご参加いただけるようになりました。

本校の考え方やプログラムにご興味をお持ちいただいた皆さんはぜひ、お気軽にご連絡をいただければと思います。

●神楽坂悠真塾ホームページ

http://yushin-kagurazaka.jp/

●「悠真塾オンライン」のご説明

http://yurukagurazaka.blog.fc2.com/blog-entry-329.html

この記事をお読みくださった皆さまに、

「体を整え、軸を育てる」

アプローチの大切さをご理解いただき、
また実際に「ゆる体操」に取り組んでいただくことで、

現在抱えておられる悩みや課題が解決し、
お子さまが幸せな人生を歩むために少しでもお役に立つことができれば幸いです。

※4年前に「神楽坂悠真塾」の前身となる「神楽坂ゆる体操教室 ゆる体操小学生クラス」を開講する際に、
 「小学生に“ゆる体操”をお勧めする理由」についてまとめた記事です。
 よろしければぜひ、こちらの記事もお読みいただけますと幸いです。

http://yushin-kagurazaka.jp/2018/01/05/concept/
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる