FC2ブログ

4月は、「肩甲モゾ」。

<4月5日(火)のレッスン>

●1030「ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)
●1330「ゆる体操中級」(神楽坂・坪山)
●1930「ゆる体操中級」(神楽坂・坪山)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲ 私の指導する4つの教室の「ゆる体操初級」クラスでは、毎月、「課題パーツ体操」が決められていて、その体操を「楽しく、気持ちよくできるようになる」ことを主なテーマとして、レッスンが進められています。


4月の課題パーツ体操は「肩甲モゾ」(「肩甲骨モゾモゾ体操」)。
文字通り、肩甲骨周りをゆるめる体操で、「肩こり」にお悩みの方、普段上半身を使うスポーツや作業をよくする方には特にお勧めです。

この体操のことをご紹介するときに、いつも思い出すエピソードがあります。

今月76歳になられる【K326】さんはご入会をして今年で9年になりますが、ご入会当初この体操を行うと顔をしかめ「難しい・・・」とつぶやいていました。そして私に、

「先生、“肩甲骨を動かせ”というのは、“耳を動かせ”と言うのと同じ(くらい難儀な要求)だと思うんですけど・・・」

と、抗議(?!)をされました。

確かに、肩甲骨という名前はたいていの方がご存知ですが、ここを意識して動かすということをやったことにある方はほとんどおられないことと思います。
ということは、脳が肩甲骨周りの筋肉に指令を出してこの部分をコントロールして動かす「プログラム」が、ほとんどの皆さんにはきちんとできていない、ということができます。

この、「プログラム」が、トレーニングを積み重ねることでだんだんできてくるのです。

【K326】さんは今日の1030のレッスンにも参加をされていたため、確認のため

「いかがですか?この体操は・・・?」

と伺ったところ、9年前の発言をすっかりと忘れられたかのように

「ええ。肩甲骨をちゃんと意識してできてますよ」

と答えておられました。

76歳になろうとされている方が、9年前にできなかった高度で緻密な運動を難なくできるようになってしまったというのは大変素晴らしいこと。
この体操に限りませんが、「ゆる体操」には大変優れた「脳トレ」の要素も含まれているのです。

ちなみに、この【K326】さんのご入会時のエピソードを先週の金曜1800クラスでご紹介をしたところ、参加をされていた【K941】さんが、

「私、耳を動かせるんですよ・・・」

といって見せてくださいました。

私がこのエピソードをご紹介した意図はそういうことではなかったのですが、見事なパフォーマンスでした。
本当に、ユニークな生徒さんが多くて楽しいです・・・(笑)。


「ゆる体操初級」のレッスンはもちろん、どの月からでも始めることができますが、1年間のカリキュラムの流れは4月~3月で構成されているため、今月はそのスタート月となります。
今月より「課題パーツ体操」を中心にひとつずつ丁寧に指導し、それを毎月積み重ねていきますので、初心者の方が「ゆる体操」を始められるには今が最高のタイミング・・・ということは言えると思います。

初回は皆さん「無料体験レッスン」となりますので、ご検討中の方はぜひ一度、お気軽に教室までお越しください。
ユニークな生徒さんたちと一緒に(笑)、お待ちいたしております・・・!

★「肩甲モゾ」のやり方については
『脳と体の疲れをとって健康になる 決定版ゆる体操』(PHP研究所)の94ページを、ぜひご覧ください。

ブログ20160405A
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる