FC2ブログ

12月は、「お腹ペコポコ」。

<12月1日(火)のレッスン>

●1030「 ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)
●1330「ゆる体操中級」(神楽坂・坪山)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲ 今日から12月。

私の指導する4つの教室の「ゆる体操初級」クラスでは、毎月、「課題パーツ体操」が決められていて、その体操を「楽しく、気持ちよくできるようになる」ことを主なテーマとして、レッスンが進められています。
12月の課題パーツ体操は、「お腹ペコポコ」(「お腹ペコポコ体操」)。

呼吸法を使った「息ゆる」の一つで、お腹のシェイプアップや胃腸の改善等に効果があります。

私が自分の教室でこの、毎月の「課題パーツ体操」を中心とした「ゆる体操初級」のカリキュラムを導入し始めたのはもう10年ほど前になります。
導入に先立ち、「何月の課題体操を何にするか?」を決めるための、会議を行いました。
会議といっても、その頃は教室の指導・運営をすべて一人で行っていましたので、私の頭の中での「ひとり会議」です。

「12月・・・。12月と言ったら、なんだ?」
「12月と言えば、忘年会でしょう・・・」

「・・・そうだよな、やっぱり。」

「じゃ、忘年会と言えば・・・・?」
「飲みすぎ・食べ過ぎ・胃のもたれ!」

「あとは?」
「飲み会続きで、お腹まわりの脂肪が気になる季節・・・」

「それじゃ、そのあたりのことに効きそうな体操って、何だろう??」
「・・・え~っと、飲みすぎ食べ過ぎと、お腹の脂肪・・・ あっ、いいのがありました。「お腹ペコポコ体操」!」

「おおっ、それいいなぁ!声を出しながら行う楽しい体操だから、年末に皆で景気よく、パーッと盛り上がれそうな感じだし」
「パーッと景気よくって、そんな安直に「課題パーツ体操」決めていいんですか? でもまあ、これでいきますか・・・」

・・・既にお気付きのことと思いますが、この部分にはかなり脚色が入っています(笑)。
でもまあ、大枠はこんな思考プロセスで、かなり「思いつき」的に決めた記憶があります。

ところがこの「思いつき」がなかなか的を得ていたようで、例年、
「今月は忙しいんですが、課題パーツ体操の「お腹ペコポコ」をどうしても教わりたくて、何とか時間を作ってきました」
といった声をよく伺います。

師走の本当に忙しい時期ですが、会社の仕事納めの後にも「ゆるゆる」できるよう、今年も30日までレッスンを行います。
いつもご参加いただいている方も、最近お休みが続いているという方も、ゆる体操をこれから始めてみたいという方も・・・
皆様ぜひ、ゆるみにいらしてください。

合言葉は・・・

今年の疲れ、今年のうちに!

★ゆる体操をやっておられない読者の方で、「お腹ペコポコ」についてもっと知りたい!という方は、
『心と体の疲れを取って健康になる 決定版 ゆる体操』(PHP研究所)の118ページを、ぜひご覧ください。
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる