FC2ブログ

熊本地震で被災をされた皆様へ。この「ゆる体操」をぜひやってみてください。

このたびの熊本県をはじめとした九州地方の大地震に際し、お亡くなりになられた方々に対し心よりお悔やみを申し上げます。
また、被災され避難生活を送られている皆様に対して心よりお見舞いを申し上げます。

報道を通し、
厳しい避難所生活が長引く中、心身の調子を崩す方が増えることが懸念されること、
また、避難所に入ることができないため、或いは余震による落下物から身を守るために狭い車中で避難を続けておられる方々については特に、エコノミークラス症候群が心配されることを知りました。

そこで、そのような皆さまにぜひ、取り組んでいただきたい「ゆる体操」をご紹介いたします。

「膝コゾ」(ふくらはぎ膝コゾコゾ体操)という体操です。
http://www.yuruexercise.net/japan/movie_kozo_calf.html

上記リンクから動画をご覧いただければわかる通り、どなたでも簡単に取り組める体操です。

「第二の心臓」とも言われるふくらはぎをマッサージすることで、全身の血液循環を促進させ、心身の様々な不調を予防・改善させる効果が期待できます。

車中でお過ごしの方など、仰向けになれない状況におられる皆さんには、座った状態でふくらはぎを膝に乗せて上下する方法をお勧めします。この際、ひざに手を添えると組んだ膝がほどけにくく、やりやすいでしょう。

日本ゆる協会HPでは、こちらの体操を含め、3つの「ゆる体操」を、被災地で厳しい生活を送られている皆さまにぜひ取り組んでいただきたい体操として、イラスト付きでご紹介をいたしております。
http://yuru.net/shinsaisien_2016.html

こちらもぜひあわせてご覧ください。

★遠く離れた東京から、被災者の皆さまに何か少しでもお力になれることはないかと思い、ブログの場を使ってお声かけをさせていただきました。
この情報を必要とされている皆さまに届けることができるよう、この記事をご覧いただいた方には、ぜひ多くの皆さまに転送をして頂けますと幸いです。
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる