FC2ブログ

76歳トライアスリートの日常

<4月22日(土)のレッスン>

● 900「ゆる体操初級」(神楽坂・植田)
●1030「ゆる体操中級」(神楽坂・坪山)
●1500「ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲ 【K326】さんは76歳のトライアスリート。
神楽坂教室には約8年半前に入会をされ、途中2年ほどのブランクがありましたが現在はフリー受講会員となられて週3回程のペースで通っておられます。

【K326】さんの出場される競技は、トライアスロンの中でも「アイアンマンレース」と呼ばれる最も距離の長いもの。

スイム3.8キロ、バイク180キロ、ラン42.195キロをひとりで泳ぎ、走りきるという、大変過酷な競技です。

現在は6月に行われる競技に向けて、ピークトレーニングの真っ最中。
この時期に最も厳しい、追い込むトレーニングを行い、その後1か月ほどは軽めのトレーニングで調整をして本番に臨む、というのがトレーニングプランなのだそうです。

ゆる体操はたいてい、早朝のトレーニングを終えた後に午前か午後一番のレッスンに参加をされるのですが、
最近はその日の朝のトレーニング内容を伺うのが恒例となっています。

水曜朝のクラスに参加をされたときは
「今日はプールで2000メートル泳いできました」

今日は
「2時間走ってきました」

また別の日には
「皇居を自転車で4時間走ってきました」

と、いつもこともなげにお答えになられます。

こんな過酷なトレーニングの毎日を送られる中、とにかくまずは「疲労」を取り除ければとゆる体操に取り組んで頂いていますが、少しずつ、成果が感じられるようになってきました。
6月のレースでご自身の満足のいく結果を出せるように、引き続きサポートを行っていきます。

それにしても、
76歳で日々これだけのトレーニングを積み重ね、
常に「今よりも上」を目指しておられる【K326】さん。

いつまでも「偉い」立場に落ち着かず、
若者たちに混じって「現役」を続ける【K326】さん。

その姿勢から日々、勉強をさせていただいています。
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる