FC2ブログ

「人間臭い」付き合いを教えてくれた場

<5月29日(日)のレッスン>

● 900「ゆるウォーク」(神楽坂・坪山)
●1045「ゆるウォーク」(神楽坂・坪山)
●1300「ゆるウォーク」(神楽坂・坪山)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1日前の話になりますが、28日(土)は昼過ぎから、大学時代に所属していた「中央大学グループH」のパーティに参加をしてきました。

「グループH」(通称G.H)は、その、ちょっと怪しげな名前から連想されるような団体ではなく、
小谷哲也先生のご指導の下50年近くにも渡り、マスコミ・ジャーナリズム界を中心に500名以上の人材を輩出し続けてきた、伝統あるクラブです。

私は学生時代、このクラブでアラスカ旅行を企画したり、同人誌のようなものを創刊したりしましたが、それ以外で特に思い出に残っているのは、とにかくよく、OBの先輩方に飲みに連れて行っていただいたことです。

自分がこれから、どのようにして生きていくべきなのか?

そんな漠然とした不安を抱えていたあの時期に、様々な世界で活躍をされる先輩方から色々とお話を伺い、また、とことん話をきいていただく機会を持てたことは、私のその後の人生を振り返ってもとても貴重なことでした。

私の学生時代は、単純に言えばこのG.Hで「考えること」や「人とコミュニケーションすること」を楽しみ、空手を通して「カラダを動かすこと」を楽しんだ4年間でした。

卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社して12年半「考えること」中心の仕事を続け、その後ゆる体操指導員となってやはり12年半くらい「カラダを動かすこと」中心の仕事を続けているのが現時点なのですが、学生時代のG.Hとの出会いがなければ、あるいは今のように多くの生徒さんに囲まれ、会社を運営することはできていなかったのではないか?と思います。

“空手一筋”の学生生活を送る中でつい忘れがちだった
「視野を広くもつこと」や「自由に発想すること」を教えてくれたり、また、人と人の、思い切り「人間臭い」付き合いをたくさん経験させてくれたのもこのG.Hでした。

そんなことを、84歳になられた小谷先生にお話しし、感謝の気持ちをお伝えしたところ、
にこっと笑って一言、「良かった!」と言ってくださりました。

また、この笑顔を見に伺いたいです。

ブログ20160529A


プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる