FC2ブログ

教室入会後2年の方からの感想

<9月9日(金)のレッスン>

●1045「ゆる体操中級」(多摩センター・坪山)
●1430「ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)
●1800「ゆる体操初級」(神楽坂・樫村)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
神楽坂教室では、毎月20日頃に翌月のスケジュールを会員向けメルマガやHP等で発表し、その後月末くらいまでに、生徒さんから翌月のご参加予定をメールや教室備え付けの用紙を使ってご連絡いただく・・・というのがオーソドックスな形態でご受講いただいている方の流れになっています。
(その他、予定が不規則で事前にスケジュールを決めることが難しい方は、その都度ご連絡の上ご参加をいただくスタイルとなります)

そんな訳で、20日頃から月末くらいの期間は生徒さんからのメールを多くいただくことになるのですが、このやり取りの中で生徒さんから感想やご報告などをいただくこともあり、教室の現場とはまた別の、貴重なコミュニケーションの機会ともなってます。

8月末にはある生徒さんから以下のようなメールをいただきました。

☆☆☆

神楽坂教室でのレッスンに通い始めて、丸2年になりました。

もしも、タイムマシンがあって、いまの身体の状態から、
急に2年前の身体に入ったとしたら、きっと不快、不愉快でたまらないことでしょう。

ゆる体操が、いまの自分を根本から支えてくれるモノになりました。

最近、自分の中で、「そうだったのか。」という気づきがあり、
それを気をつけてやっていると、
バタバタしたり、ふらふらすることが以前より小さくなった気がします。

いつも丁寧なご指導ありがとうございます。
3年目もどうぞ宜しくお願いします。

☆☆☆

これからゆる体操を始めようと検討されている方に、

「ゆる体操をやると、自分がどのように変わるのか・・・?」

を想像していただくのにとても分かりやすい一文と思えたため、ご本人にご了承をいただき掲載させていただきました。

ちなみに、

「昔の身体に戻ったら不快だろうな・・・」

ということは、私も常々感じています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる