FC2ブログ

いちご一粒のシアワセ・・・。

<11月27日(日)のレッスン>

● 900「ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)
●1050「ゆるウォーク」(神楽坂・坪山)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
風邪で寝込んでしまった妻の代わりに、子ども2人を連れて外出。
スーパーに入ると、2人が早速目をつけたのは、いちご。

この時期のいちごは高いので、1人で買い物に来ていたら多分買わないと思うのですが、息子2歳が目を真ん丸にしながら

「イチゴ、オイシソウダネー・・・」

と訴える姿に負けて、買うことに。

妻は同様のシチュエーションに出くわすといつも後ろの棚を指さし、

「あっ、みかんがおいしそう~♥」

などと言って凌いでいたそうで、それだけに2人は大喜び。

買い物の後、近くの公園に連れて行くと、いつもはなかなか帰りたがらない息子が

「おうちでいちご食べようか?」

の一言で素直に帰り支度を始めます。

先日5歳になった娘は当然これまでの経緯を含めて理解をしていて、家に帰ると早速妻に

「ママはいちごはまだ高いからいつも買ってくれないけど、今日はパパが買ってくれた・・・」

と、報告をしていました。

何だが自分だけ点数を稼いでしまって申し訳ないようだけど、たまにはいいか?

ちなみに果物は家族4人分(もしくはママを除いた3人分)のお皿に分けられますが、最終的にはほとんどが子どもたち2人のお腹に入ることになります・・・(笑)。


そんな我が家の状況を書いているうちに、先日テレビで聞いたあるお話しを思い出しました。

永六輔さんが亡くなった葬儀の際、黒柳徹子さんが弔辞で話されたエピソードです。

(以下、私の記憶に基づいてご紹介しますが、もしも不正確なところがありましたらお許しください・・・)

戦後の、まだ皆が貧しかった時代、若き日の黒柳徹子さんが永六輔さん・渥美清さんら役者仲間と、「“海老チリ”というものを食べてみたい!」ということで中華料理店に行った。

とは言え皆、食うや食わずの身。たらふく食べるという訳にはいかず、皆でお金を出し合って一皿の海老チリを、「海老を1人何匹ずつ」と言った具合に分け合って食べた。

やがて渥美清さんが、(「こんなんじゃ食べた気がしない」ということで、)
「よーし、そのうち俺がたくさん稼いで、皆に“海老チリ”をたらふく、ご馳走してやるぞ」

と言うと、

永六輔さんが、「それは違うよ」と一言。
「皆でこうして、一皿の“海老チリ”を分け合って食べている今が、一番幸せなんだよ・・・」
と諭した。

・・・というお話です。

欲しいものはたくさんあるけど、
たまにしか手にすることができない。

それくらいが、ちょうどいいのかな?

ブログ20161127
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる