FC2ブログ

生活発表会

今日は2人の子どもたちが通う保育園の生活発表会。
私の世代的に言えば、”お遊戯会”でした。

息子の出る2歳児クラスの劇はまだセリフもなく、本場用の衣装を着て、観覧に来られた大勢のご家族の前に出ても泣かずにできればOK・・・というレベルですが、娘の出る年長クラスの劇は毎年かなり本格的。

特に娘は今回、セリフも多く、ソロで歌うシーンもある大役ということもあり、自分なりにかなり集中した準備を続けているようでした。
保育園で皆と練習するのはもちろんのこと、家にいるときも、頭の中でイメージトレーニングのようなことを繰り返していたようで、12か所あるというセリフも歌もかなり早い段階に覚え、友達が演じる他の役のセリフもほとんど覚え、声の出し方や動き方など、細かい部分の試行錯誤を繰り返しました。

保育園に行く前の支度がいつも遅く、母親から毎朝欠かさず叱られている娘が、こういう準備はとにかく早い・・・というのが何とも面白いのですが、子どもが「好きなこと」に対したときのエネルギーというのは本当にすごいものです。

そして迎えた本番。
劇は、想像していた以上の完成度でした。
子どもたち全員が一人一人の持ち味を生かし、一生懸命に一つの作品を作ろうとしている気持ちが伝わって来て、その様子を見ているうちに思わず涙腺がゆるんでしまいそうな状況となりました。

娘も立派に大役を果たしました。
可愛らしい衣装を身にまとい、髪は母親から、きれいなおかっぱ頭に整えられているものの、下の前歯が抜けたばかりの「歯抜け状態」なのがまた少し、笑えるのですが・・・。

それはともかく、
「いつの間にやらこんなにも」と思えるような、成長した姿を見せてくれました。


「最近は、先生にあまり怒られなくなった?」

と聞くと、

「うん!」

と元気に答える娘。

「前は30分くらい怒られていたけどね、今は10分くらい怒られるようになったんだよ・・・」

と、嬉しそうに話していました。


そんな娘も、あと3か月半で小学生です。

ブログ20171216A
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる