悠真塾Q&A(1) 「学習塾」でも「学童」でもない。悠真塾が目指すのは・・・?

★神楽坂悠真塾の考え方や内容につきまして、Q&A形式でご紹介をさせていただきます。

Q <教室の理念・考え方について(1)>
「“根本のチカラ”を育てる学びの場」とのことですが、従来の学習塾とも学童とも異なる、今まで聞いたことのない形態のため、うまくイメージができません。教室の位置づけについて、改めてわかりやすく教えてください。



悠真塾の位置づけを、これまでに実際に存在した物に例えますと、江戸時代の「私塾」が近いのではないかと思います。
吉田松陰の松下村塾や緒方洪庵の適塾など、江戸時代の私塾で育った人材が後の、日本の近代化の動きに大きな役割を果たしたことは良く知られています。

教育者としての偉大な先人方を例にして同列に語るのは誠におこがましいのですが、こうした私塾が、時代を超えて現代に蘇ったような「学びの場」になる・・・というのが、私たち悠真塾の目指す姿です。


神楽坂悠真塾 http://yushin-kagurazaka.jp/
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)
●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)
●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)
●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

★ゆる体操の話し、教室の話し、そして4歳の娘と1歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる