「こいぬがうまれるよ」と「ミッケ!」(今日の「ゆるスタディ」)

今日の悠真塾。

今月からお手伝いに入っていただいている三木先生と、楽しくお勉強する娘の図。

ブログ20180410A

4月に入り、娘は毎日、小学校同様悠真塾にも張り切って通っています。

学校ではまだ本格的な授業はなく宿題も出ていないため、「ゆるスタディ」後半の自習の時間は専ら読書。
「悠真塾文庫」から気に入った本を選んでは片っ端から読んでいます。

本日前半に読んだのはこちら

ブログ20180410B

「こいぬがうまれるよ」
(ジョアンナ・コール 文 /ジェローム・ウェクスラー 写真 / つぼいいくみ 訳)

かわいいワンちゃんの写真一杯の本です。

そして、後半はこちら

ブログ20180410C

「ミッケ!」
(ジーン・マルゾーロ 文 /ウォルター・ウィック 写真 / 糸井重里 訳)

様々な物が散りばめられた写真の中から特定のものを見つける、「かくれんぼ絵本」です。

写真は見開きに1枚ずつですが、ページが進むに連れてかなり手ごわくなるようで、娘は三木先生と一緒にこの本に取り組み始めて今日で3日目。
今日も時間切れてまた次回に持ち越しです。

自習時間の終わりには、その日に読んだ本のタイトルだけ、「悠真塾ノート」に記録します。

ブログ20180410D

本は読みっぱなしにしないで、最初はこのようにタイトルだけでも良いのでノートに記録をつける。

この方向で段々、

・自分の気に入った文章や大事なことが書かれた文章を「書き抜き」する。
・自分が感じたことを書く。
・本の中で書かれていることのエッセンスを整理してまとめる。

・・・といった本格的な「ノート学習」 に進んで行く予定です。

神楽坂悠真塾。
まだまだ少人数の教室ですが、運動も勉強も、こんな感じで楽しく進めています。

本校の掲げる「根本のチカラを育てる」という理念にご興味をお持ちいただいた方にはぜひ一度、無料体験レッスンにお越しいただければ幸いです。

詳しくはこちら
   ↓
神楽坂悠真塾HP

いっしょに、やりましょう!
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる