FC2ブログ

小1から毎日「ゆる体操」・・・という選択

神楽坂悠真塾の構想は、私が勤めていた会社で小学生向け事業に携わっていた20代後半の頃から持っていました。

その構想の実現に向け、いよいよ本当に動き出そう!と思うようになるまでに20年以上かかったわけですが、実は私の中でそのきっかけとなったのは羽生弓弦選手の前回、ソチオリンピックでの優勝でした。

羽生選手は、「ゆる体操」で最も中心的な課題とされている「ゆるむこと」と「センター」が大変高いレベルで身に付いているという意味で、まるでお手本のような選手ですが、その羽生選手が素晴らしい演技で優勝をしたニュースに接し、大きな喜びを感じるとともに、

「指導者として、自分の手でこのような人材を育てあげたい。そのことに挑戦してみたい・・・」

という思いが沸きあがってきたのです。

羽生選手が心身ともに大変な才能に恵まれた選手であるところは誰もが認めるところでしょう。
その「圧倒的な才能」に対して、ゆる体操の理論・メソッドをもって挑戦をしてみたい・・・ということです。

私がそのように考えたのは単に羽生選手の優勝を見て気持ちが高揚したからということではなく、現場での日々の指導を通しての私なりの実感があってのことでした。

当時、私の教室では、1か月定額で何度でもレッスンに通うことができる「フリー受講制度」を実験的にスタートさせていましたが、その受講制度を利用して毎日のように教室に通うある大学生の凄まじい上達ぶりを見て、ゆる体操の持つポテンシャルの高さを再認識していたのです。

子どもが小さい頃から「お稽古事」に通うように、ゆる体操を使った本質力のトレーニングを、まだ心身があまり固まらないタイミングではじめ、理想的なペースと方法でトレーニングを継続したのなら、専門的な分野は何であれ、羽生選手のような人材を育て上げることも可能なのではないか・・・?

と、思ったのです。

時折、レッスンの合間などにそのような私の「構想」を生徒さんにお話をすると

「羨ましいですね。私も子どもの頃からゆる体操を習いたかった・・・」
「小学生からゆる体操を始めていたら、天才が育っちゃうんじゃないですか・・・」

といった声が帰ってきます。

実際にゆる体操に取り組まれた方。特に、ある程度以上の期間に渡ってじっくりと取り組まれ、ご自身の身体を通して変化を経験された方は、自然とそのように思われるようです。

そのような声にも後押しされ、2月14日に神楽坂悠真塾を開校しましたが、入会者は現在のところ、私の娘も含めて3名。
この少なさは正直想定外で、現時点での、小学生市場における「ゆる体操」の認知度の現実に直面することとなりました。

でも、それはそれで良いのです。

毎回楽しみに通ってくれる、3人の可愛い小学生たちがいるのですから、スタートを切れたということには変わりありません。

あとは、毎回のレッスンを充実させ、その様子をお伝えすることで私たちの理念に共感していただける仲間の輪を少しずつ大きくしていければと考えています。

小学生時代からゆる体操に取り組むと、どんなことになるのか・・・?
今後は特に、毎日通っている小1の娘を中心に、悠真塾での様子をこのブログを使ってご紹介していきたいと思います。

色々なことをやらかし話題を提供してくれるため、ブログでの出番がどうしても多くなってしまう娘。
小学生になったら少し露出を抑えようかと思っていたのですが、このような事情によりまた、数多く登場させていただくことになりそうです。

皆さま引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ20180424A
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる