FC2ブログ

神楽坂のゆる体操屋さんの人気メニュー

レストランのシェフの目指すことが
「お客さんにおいしく料理を食べていただくこと」
であるとすれば、

ゆる体操教室の先生の目指すことは
「生徒さんに、心身ともにゆるんだ‟良い状態”になって帰っていただくこと」
と言えるかも知れません。

その状態を実現させるための要素は様々あります。

まず思い浮かぶことはその先生の体操の実力ですが、実はこの実力の中身にも色々な要素があります。

ひとつひとつの体操の上手さ、というのはその中心に位置づけられますが、
その他、意外と大切なのが「体操を選ぶチカラ」です。

どのようなニーズを持った生徒さんに対してどのような体操を選ぶか・・・といったチカラとか、
どの体操をやってからどの体操をやる、という体操の取り組み方の順番やレッスン全体の組み立ての最適解を瞬時に見つけ出すチカラとか・・・。

このあたりが、ひとつひとつの体操の奥深さと同じく、経験を積み重ねる中で色々とわかっていくゆる体操指導の面白いところでもあり、奥深いところでもあります。

私自身、これまで多くの失敗も重ね、また、まだまだ努力をしていかなければならない分野でもあるのですが、
多くの経験を重ねる中で、これまでの指導でうまくいったり、生徒さんから好評だったレッスンメニューのパターンを料理のレシピのようにたくさんストックすることはできています。

そんな中でも代表的な‟人気メニュー”の一つが、「すねプラ」(「すねプラプラ体操」)にじっくり取り組む、通称「すねプラメニュー」。
このメニューのレッスンを受けて「これまでで一番深くゆるんだ気がします・・・」という感想を下さった方も、過去に何人もおられます。

本日1330の「ゆる体操初級」では、この「すねプラメニュー」を中心に指導をしました。

仕事が忙しくてなかなか教室に通えず、そうこうしているうちに本当に調子が悪くなってきたので何とかしなければと思い・・・ということで数年ぶりに教室にご参加くださったSさんにも、大変満足していただけたようです。

いつの日か、私の教室もどこかの人気レストランのように

「ねえねえ、神楽坂のゆる体操屋さんでやってる●●メニーがすごく効くんだって。今度行ってみない?」

等という会話が交わされるようになると良いのですが・・・。

その日を目指して、日々、素材のレベルアップ(体操の上達)とともに“メニュー開発”にも取り組んでまいります!

ブログ20180421A
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる