FC2ブログ

たのしいよ あやしいよ♪

ダンボールに描かれた、小1娘の最近の作品。

ブログ20180711A

保育園時代から、‟せいさく”の時間が大好きで、暇さえあれば絵やら工作やらレゴブロックやらに取り組んでいましたが、小学校にあがってからも創作熱は衰えず、悠真塾の"ラク勉タイム”も専らお絵かきに使っています。

私が子どもたちに「たくさんやってほしい・・・」と勧めることの中には、

私自身が子ども時代に存分に取り組んで、その後の人生で役だった経験がベースとなっているものもありますが
逆に、私自身が子どもの頃にあまりやらなかったために苦労した経験がもとになっているものもあります。

「絵を描くこと」は典型的な後者のパターンで、私自身は子ども時代にこれを十分にやらなかったため、会社員時代、教材や広告を作る担当をしていた際にとても苦労をしました。

そのような具体的な話は抜きにしても、

心の中にたくさんの言葉をもっていることと同じく、
心の中にたくさんの絵を持っていることも、その子にとってとても貴重な財産になるのではないかと思います。

言葉と言えば、
冒頭にご紹介した絵を翌日見てみると、こんな言葉が書き加えられていました。

ブログ20180711B

たのしいよ あやしいよ♪

どことなく椎名誠さんぽさの漂うコピーですが、
あやしいおばけたちの絵とマッチして、なかなかいい味出しています・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる