FC2ブログ

44年前の通信簿

今日は娘の通う小学校の終業式。

初めての通信簿をもらって帰ってきました。


初めての通信簿と言えば、私にはちょっとした思い出があります。

44年前。

私が娘の今日と同じく小学1年生で1学期の終業式を迎え、教室で通信簿を配られた時のこと。

隣の友達の「見せて!」という求めに応じて自分の通信簿を見せていると、教室の前にいたおじさんにカメラを向けられました。
何はともあれにっこりしていたら、その顔が当日の朝日新聞夕刊に大きく取り上げられました。

記事の見出しは、


さあ夏休み

「きみはどうだった?」はじめての通信簿を見せ合う1年生。



その、44年前の通信簿を読み返してみました。

一言で言うと、

「小学1年生の初めての通信簿で、ここまで書かれるのか?」

と驚くほど、ほとんど良いことが何も書かれていない通信簿で、それに比べると、娘が今日もらってきた通信簿の内容はとても平和で模範的です。

今日は思わず「よくがんばったぞ」と褒めてやりました。

因みに私の通信簿はその後、小学4年生くらいになってからようやく所見欄でポジティブな記載が見られるようになり、高校2年生になって初めて、人様に見られてもそれほど恥ずかしくない程度の成績になります。

そんな自分の通信簿を読み返すと、現在の子育てに自信が沸き、子どもに対してとても寛容な気持ちになることができます。


子ども時代に成績の悪かった父親を持つ我が家の子どもたちは、とても幸せなのかもしれません・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる