FC2ブログ

今日のレッスンより(20180912)~舞踊家・西川喜之華さんの進化~

本日1800の「ゆる体操中級」には、今週土曜に行われる「推薦名流舞踊大会」に出演される女流舞踊家の西川喜之華さんが参加されました。
本校で「ゆる体操」に取り組み始めて7年半。その成果を専門の日本舞踊に遺憾なく発揮し、上達を続けておられますが、ゆる体操指導員の目線で見て、昨年秋の同大会出演の頃からまた、大きく進化した部分があります。

それは、本番前の踊りの稽古の厳しさが佳境を迎える時期になると、ゆる体操をやってもよりゆるんで、軸が強く通るようになったということ。

昨日も、とても良い状態でした。

見た目は華やかな日本舞踊ですが、当事者の立場からすると非常にハードな身体運動で、「固まる」要素を沢山含んでいます。

だから以前は本番前になると体が固まり、意識もぼやける傾向があったのですが、その状況が昨年より、180度変わったのです。

普通の人間であれば歯を食い縛り、踏ん張って何とか乗り越えるような状況に対して、「ゆるんでセンター」というシステムを使って乗り越えることができるようになった、と考えることができます。

当日は午前中の中級レッスンに参加してたっぷりゆるんだ上で国立大劇場に向かうとのこと。
本番でどんな進化を見せてもらえるのか楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる