FC2ブログ

今日のレッスンより(20180911)~「肩こり」について等~

1030の「ゆる体操初級」は、体験の方を初め、経験の浅い方が多かったこともあり、「力を抜く」感覚をつかんでいただくことに重点を置いたレッスンを行いました。

体験に来られる方の大半は、「肩こり」の自覚を持っておられます。

中には、マッサージを始め、肩こり解消の為の様々な方法に取り組んだ末、ゆる体操に行き着いた…という方もおられます。

肩こりの根本は、筋肉の問題ではなく、無意識のうちに余計な力を入れてしまう、その方の持つ脳のプログラムの問題です。

だから、人の手を借りて筋肉をほぐしてもらっても、そのプログラムが変わらない限り、「肩がこる➡ほぐしてもらう」の繰り返しとなってしまいます。

でも、一般的にはこの「プログラムを変える」方法論が確立していないので、多くの方は「肩こりは解消しないもの」と諦めて我慢をしたり、繰り返しになっていることを自覚しつつも人の手を借りて筋肉をほぐしてもらったり…という状況に陥っているのではないかと思います。

かなり前の話ですが、私の指導する多摩地区の教室の「ゆる体操中級」クラスで肩こりを自覚されている方がどれくらいおられるか伺ったところ、約10名の生徒さんのどなたの手も上がりませんでした。

平日午前に開催する、60代の主婦の方中心のクラスでのことです。

正しい取り組みを継続すれば、肩こりの辛さはかなりの確率で解消できる…これも、私が15年のゆる体操の指導経験を通してわかったことのひとつです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる