FC2ブログ

今日のレッスンより(20181021)

神楽坂ゆる体操教室、火曜1930「ゆる体操中級」クラス。

別名“体育会系クラス”の常連会員さんのお一人であるO さんは私と同い年の51歳ですが、ラグビーの名門グラブチームのキャプテンを務め、今でも20~30代の若者に混じって公式試合に出場する現役選手です。

そんなO さんが神楽坂教室で本格的にゆる体操に取り組み始めたのは2015年の春。約3年半前のことです。

アスリートがゆる体操をトレーニングに取り入れるようになった場合、どれくらいの期間で効果が出始めるかは人によって様々です。

そんな中、これまで長年に渡り「ゆるむ」ことと真逆の意識でラグビーに取り組み、トレーニング開始時で既に50歳近くになっていたO さんは、これまでに身に付けた身体の拘束や身体の使い方を改善するのに、かなりの苦戦を強いられてきました。

そのO さんがここ最近1~2ヵ月、私の目から見て明らかに変わってきているように思われるため、ご本人にラグビーでの調子を確認すると、不思議そうに首を傾げながら、

「(クラブチームの)コーチにも、良くなったと言われているんですよね」

と教えてくれました。

詳しく伺うと、そのコーチはラグビー界でのレジェンドというべき高名な方で、普段は殆ど「誉める」ことをされないタイプの方なのだそうですが、最近2試合ほどのO さんの動きを見て、

「動きが柔らかくなった」
「早くなった」

と絶賛し、驚いているとのことです。

実は今年の3月にO さんとじっくりお話をする機会があり、その際にトレーニングメニューについてアドバイスをさせていただいたのですが、O さんはそのトレーニングを日々欠かさず、ひたむきに取り組み続けており、その成果が出たものと考えられます。

正しい方法論とご本人の素直な心、そして具体的な努力の積み重ねがあれば、50歳を過ぎてからでも、そして消耗の激しいラグビーのようなスポーツでも、パフォーマンスをあげることができる。

その手応えを、O さんも私もようやく、しかししっかりと、掴み始めたところです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる