FC2ブログ

5年前の、今日の話し

<3月11日(金)のレッスン>

●1045「ゆる体操初級」(多摩センター・坪山)
●1430「ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)
●1800「ゆる体操初級」(神楽坂・坪山)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲5年前の今日も、金曜日でしたね。
私は午前中、いつもと同じように多摩センターに行ってレッスンを行いました。
ただ、いつもと違ったのはその日、WEBマガジンの取材を受けることになっていたため、午後もそのまま多摩センターに残っていたこと。
レストランで話をしているときに、14時46分がやってきました。

ビルの6階は大きく揺れ、一瞬、
「自分の人生はここで終わってしまうのか・・・?」
という気になりました。

その時の記事は今でもアップされていて、あの時の緊迫した様子も書かれています。

http://ameblo.jp/bizfull-web/entry-10863146260.html

その後私は、多摩センターから歩いて神楽坂の自宅まで帰りました。
ちょうど数日前に、妻が上の子どもを妊娠したことを知ったばかりで、そのことを考えながら歩いていました。

「これから子どもが生まれてくるというのに。これから楽しいことがいっぱい待っているのに、こんなところで死ねるか・・・!」

とにかく、早く家に戻りたくて、歩き続けました。

夜中の1時頃に家に着くと、妻が風呂を沸かせて待っていました。

帰ってきた家に明かりが灯っていて、家族が待っていてくれる。
そのことがどれだけありがたいことか、つくづく感じました。

そしてテレビを見て初めて、
東北で、大変なことが起こったことを知りました。

犠牲になられた方々に対して、生きている我々のできるせめてものことは、
「忘れない」ことと「学んで、生かす」ことではないかと思います。

あの日、私は「家族」のありがたさを学んだ。
一方、被災地では多くの皆さんが、そのかけがえのない「家族」を失った。

この二つのことを、今後も繰り返し繰り返し思い返し、
そして、生かしていきたいと思います。
プロフィール

TEMO-YAN

Author:TEMO-YAN
坪山 佳史 (つぼやま よしふみ)

1967年 東京神楽坂出身。
中央大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。
12年半の同社勤務を経て退職後、2004年2月に神楽坂ゆる体操教室を開校。
現在、同校を含め都内4か所のスタジオ・カルチャースクールで
「ゆる体操」「ゆるウォーク」を指導。

株式会社坪山佳史事務所 代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員中級

<指導を行っている「ゆる体操教室」>

●神楽坂ゆる体操教室
(2004年2月開校)

●聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
(2003年9月開校)

●読売日本テレビ文化センター
錦糸町
(2004年7月開校)

●JEUGIAカルチャーセンター
多摩センター
(2004年10月開校)

<指導・運営する小学生対象の私塾>

●神楽坂悠真塾
 (2018年2月開校)

★ゆる体操教室の話し、悠真塾の話し、そして6歳の娘と3歳の息子の話しが、よく出てくると思います(笑)。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる